毎日女子会!

アニマルコミュニケーターのお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

がんばれ小夏!

小夏のトイレトレーニング、土曜日から始まり4日目に突入。
小夏の頑固なこと。。。
その根性、他のところで生かせないかな。。と本気で考えた。
もともと、少し気難しいところもある小夏。

お母さんの意見としては、
家のトイレでもオシッコができるようになってほしい。
ただ、これだけ。
その為に、お家のトイレでオシッコできたら、すごい褒められて、スペシャルトリーツ食べられて、
さらに!なんと今だけ特別!お散歩つきですよ、奥さん!!!
って感じ。

しかし、小夏の態度は、
散歩に行かない=オシッコできない=じゃあ食べないし、飲まない。
そんで、体動かしたら腸も動いちゃってオシッコもしたくなっちゃうから動かないから。あたし。
おそらくこんな気持ち。

お母さんが小夏ぅーと近寄って撫でようとすると、
「なによ!さわんないでよ!」と怒り、お母さんが「小夏、ワンツーしようよ」と誘うと、
「あたし動かないわよ。トイレなんて行かない」とお断り看板を出す。
なんとかトイレまで連れていくと、まさに四本足で仁王立ち。
しかも遠くを見つめて、完全に無の境地。
1日1回だけ、我慢の限界がくると「ヒンヒン」と鼻を鳴らして、それでも我慢して、
ビッグウェーブが去ると何事もなかったように寝ころび、またウェーブがくるとヒンヒン鳴いてうろつく。
これを繰り返しながら、感覚が短くなってくる。陣痛か?ある意味、陣痛だな。

そんな犬生すべてをあきらめた(おおげさ)ような小夏を見ているお母さんは
本当に辛くて、もうトレーニング自体をやめようか、と何度も思った。
ヒンヒンしているときの切ない、切羽詰まった顔。かわいそうでかわいそうで。。。

でも、本当に止めていいのか?
災害が起きたとき、トイレが問題で一緒に避難できなかったら?
外に散歩に行けない日が続いて、ずっと我慢することになったら?
何か事故が起こって、お母さんの帰りが遅かったら?
病気になったとき、お薬の副作用で頻尿になったら?
小夏は24から25キロがベスト体重。その子をお父さんの帰りを待たずにお母さん一人で抱えて
1日に何度もトイレ散歩に出られるのか?

いろいろ考えて、まだ若く健康なうちに、今のうちに再トレーニングを開始しようと決心したはずなのに
たった3日でくじけそうになるお母さん。だめだ。わたし。。。

と、いう負のスパイラルを抜け、なんと今朝はなんと!
起きてから1時間ほどたったころ、自分から「ちょっとーお母さん、おやつバッグもってきてー」とお母さんを
キッチンまで呼びにきた。
はいはい、どこまででも行きますよー。とついていくと自らトイレへ。

「ワンツーワンツー」と声をかけてあげるとくるくるっと2回ほどまわってジャーーーっ。
やっほーい!大漁だー!いや、大量だー!
もう朝ごはん前なのに、盆暮れ正月全部一緒にきたくらいのトリーツまつり。
いえぇえええーーーい!そしてお散歩へ。うっほほーーい!

まだまだ練習中だけど、少しずつでも進歩を信じて頑張るぞ!!!!と
心に誓ったお母さんだった。

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

小次郎がクルヨ

昨日から、小夏の再トイレトレーニングを始めた。
仔犬のころは問題なく室内のトイレはできていた。
その後も我慢の限界がくれば、室内トイレを使っていた。
しかーし!小次郎のゲージがなかったために小夏のトイレゲージを急きょ小次郎のお家にしてしまったため、
小夏のトイレがなくなった。
普段、我慢の限界にくることもなかったので何の不便もなかったのだ。
そして現在、不便が生じてきた。「室内でのトイレは一切お断り」の看板を首から下げ始めた。
おい。それは何の看板だ。
そして、小夏の再トイレトレーニングを開始することとなった。
金曜日朝から始まり、朝はよくわかんないけどトイレシートでう○ちをした。まぁなんでもいいや。
そして、夕方、どうしても嫌だという。夜は小夏のお教室があった。とても近いのでいつもは散歩がてらに徒歩。
今回は途中でオシッコされてしまうと元も子もないので、近いけど車で。
そして。。。帰宅後も延々と「お断り!」の看板。でもトイレは行きたい。お母さんとの根競べになってしまった。
結果、お母さんも小夏もほぼ徹夜ですよ。。。
朝になり、ムーたんのワクチン通院があったため、お父さんに代わってもらってお母さんは病院へ。
お母さんが外出したとたん、すべてをトイレシートで難なくこなし、お父さんとお散歩に行っちゃってるし。
って、おおぉっぉぉぉおおおおーい!!!
この徹夜はなんだったのか。。小一時間問い詰めたい。。。まぁ、いいけどさ。

そして午後、約束していた小次郎がご家族と遊びに来てくれた。
小夏、張り切ってめずらしく吠えちゃう(笑)
お庭で遊ぼうと思っていたが、あいにくの天気だったため室内へ変更。

「ネーチャーン、ヒサシブリーーー!!!」
110802

110802
お互いを口の中にいれて味を確認。よし、味は変わってない。

「ソウダヨ!コレコレ!」
110803
もう、おもちゃ箱の中身も余裕で見れるね

「チョットオジチャン、アレヤロウゼ!」
110804
好きだったよねー。このお母さんがあまりコードで作った意味不明のおもちゃ

「オレ、ジョウズニクワエラレルヨウニナッタゼ」
110805
ボールのほうがずっと大きかったのにねーー

「ゼンブナツカシイゼーー」
110806
結局好きなおもちゃ、全部出してきた(笑)

「あの子?ちょっと違う?え?でもあの子???」
110807

「オレダゼ!オオキクナッタンダゼ!七キロクライアルンダゼ!」
110808

110809

「チャチャネーチャン、ヒサシブリ!」
110810
「やめてよ、あんたもう大きいのよ、あたしよりもずっと!」
このあと、久しぶりに茶々の「シャーッ」で怒られ、引き下がる小次郎(笑)
ちなみに、むーたんとゆきちゃんはこの会合にはご遠慮するとのことだった。

今日は茶々は気分が良いらしく、小夏のトイレトレーニングで徹夜したお母さんと一緒にずっと徹夜してた(笑)
そして、今日は1日中、リビングでみんなを見守っていた。

それでもめげない小次郎。エライゾ。
じゃあ小夏と遊べばいいじゃんかーと、相手を変更。

「ネーチャン、キュウケイシテルバアイジャナイゼ」
110811
小夏、安全そうな小次郎のお母さんの足元に隠れていたのに(笑)

「フゥ」
110812
あ、さすがに疲れたんだ(笑)

「ここなら安全ね」
110813
いや、床じゃん、そこ。全然安全じゃないし、っていうかサイズ合ってないよね。

せっかくなので、お庭にも出てみた。
小次郎は近所までくると、我が家を覚えているらしくお庭に入ろうとしたそうだ。かわいい。
しかし、やることは変わってないな。小次郎。
110815

110814

本当に大きくなって、立派になった小次郎。
この後、パピークラスへ出席している小次郎。本当に仔犬のパワーはすごいな。

小夏もパピーのころ、パピークラスへ出る前にウロウロと散歩してできるだけ体力を消耗してから出席していた。
体力ゲージ満タンで出席してしまうと、大興奮してお勉強にならないからだ。
聞くと小次郎もまったく同じで、クラスメイトよりも30分ほど早く教室へ行き、体力を消耗しているとのこと。
今日は十分落ち着いてお勉強できてるといいな。
寝てしまってたりして。。。。(笑)

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

野生に戻ろう!

ここしばらく、茶々の調子が悪く我が家全体が茶々中心に動いている。
1日3回の薬、1日1回の薬の2種類。
猫らしくない食事回数 3回~5回。そして、食事のたびに少しずつ栄養剤。
おやつ、スープ類。
さらには我が家では絶対に手をださないお高級なフードたち。ウエット、カリカリ。なんでも。
茶々のために、毎日続々とネットショップで購入したものが届いている。
お母さんも毎日、いろんなショップやブログなどをうろつき、少しでも可能性があるものは片っ端から購入。
カードの支払月になったら、支払の方法は考えよう(笑)
今はそんなことを言っている場合ではないのだ。
昨年もそうだった。そして、ケロっと本人が治ったあとに支払月がきて、とても大変な思いをした、気がする。ような気がする。いや、確かにそうだった。

数か月前に(体調は万全の時)生肉を食べさせたことがあった。茶々はその時はよく食べたので
「食べるかも?」の気持ちで猫用のチキンの生肉を購入。冷凍の商品である。
それなのに。。。見事撃沈。。。お母さん心と財布が悲しいよ。
いろいろな食べ物を試して、茶々が「これはいらない」といったものは、ゆきちゃん&ムーたんチームに出してみる。
それでも食べないものは。。小夏ぅ~♪おいしいものあげるよぉ~♪ となる。

いつもにゃんこチームからの余りモノばかりなのも悪いなーと思い、小夏にもおいしいものを購入。
牛の骨。ザ・生!もちろんお肉もついてるよ!である。
週1度、我が家はお母さんのお母さんが新日本舞踊(あってるかな?詳細はよくわからん)を教えている関係で
来客が一気に数名くるので家の中がギュウギュウ。今日はそのお稽古の時間中に骨を食べてみることにした。
床が汚れるなどの情報も得ていたので、レジャーシートを引いて初めてのチャレンジ。
毎度おなじみルークも初体験で参戦。

「え、なにこれ?」
110601
さすが、小夏。食べ物らしいことはわかって、なめてみる。

「フンフン」
110604
匂いを嗅いでいるだけで、何が何だかわからないルーク。

一応二人ともレジャーシートの上でやってくれている。

「やだー。お肉じゃなーい。おいしいじゃなーい」小夏
110602

「なんだわかんないけど、うまいな」ルーク
110604
ルークは、ルークのお母さんに骨を持っててもらわないと何をどうしていいかわからない。

「・・・・・」
110605
最終的には小夏は骨までバリバリやりはじめたが、ルークはまだ骨をバリバリはできない。
周りのお肉を食べ終わるとしゃぶっている程度。ま、まだ乳歯だから仕方ないね(笑)

つーか、小夏。レジャーシートから出ちゃってるし。。。

初めて食べさせたけど、肉を前歯でそぎ落としながら食べている様子や、骨をバリバリ音を立てている様子、
そして出てきた髄をしゃぶっている様子などは、まさに野生そのものだった。
いつもは、かわいい我が家の子。でも、やっぱり犬なんだな、ということは忘れちゃいけないな。
犬は犬らしく。たまにはこんな日もいいね。

1時間ガジガジを満喫し、食べきれなかったものをお母さんに返し、よほど疲れたらしくその後は寝てばかりだった。

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
  • ハイキング(本番)
最新コメント
プロフィール

小夏ママ

アニマルコミュニケーターのお母さんと2ワンと3にゃんの日常生活。