なんとか、かんとか復活できるような状況になった、気がする、たぶん。

先日、おばこが発作を起こし救急車で入院することになった。
体内の酸素を測ると50%前後。
酸素濃度を上げ、マスク呼吸器に切り替え、酸素流量をマックスへ。
慌てて救急車を呼ぶ。そこからは大忙しだった。

救急隊員が入ってくるから、ワンニャンズは脱走できない部屋へ全部いれて
部屋のドアを閉める。春ちゃんはサークルへ。
お水が全部入っているのを確認。フードも出していく。何時になるかわからないし。
そうだ。お父さんに早く帰ってきてねの連絡をしておこう。

救急隊員到着。だだだーと家の中へ入ってくる。
小夏「うぁああー、だれかきたーーー」わおぉーーーん。珍しくすごい吠える。
ニャンズは全員避難。ハルちゃんもサークルの中で固まる。
お母さんは家を出るとき、なるべく落ち着いて(るつもり)決まり文句。
「お母さん、おつかいに行ってくるねー」

そして、病院へ到着。処置、検査、そして緊急入院。ま、そうだろうね。

今日現在は、なんとか発作も起こさずに体内の酸素も90%をキープできている。
しかし、絶対安静の状態でのキープなので日常生活には、まだ不安が残る。

病院で長い間待たされている間に気になったのはハルちゃん。
まだ日常生活を初めて間もないので不安になっているんじゃないか、
あわてて出したフードで足りたかな?おみずをたくさん飲むから、空っぽになってないかな。。。
気になって仕方なかった。
今日の時点で、容態は安定しているがリハビリや歩行訓練に時間がかかる為、
毎日午後いっぱいは留守番をさせることになってしまう。サークルの中で。
まだ日が浅くハルちゃんの体調も把握できていないため、
不在の間に何かあったら大変。でも、可愛いハルちゃん。我が家にいてほしい。。
しかしいろいろと考えた結果、ハルちゃんにとっては保護主さんの元へ返すほうが
良いだろうと判断し、保護主さんと相談の上ハルちゃんをお届けした。

我が家の経済状況、おばこの病状、両方を何度も確認し、検討した結果
預かりをさせてもらったハズだったが、大変ご迷惑をおかけしてしまった。
『今』にっき。 のゆずわさびさんと、お父さん、ごめんなさい。
正直、心残りもかなりあるがクヨクヨしていても仕方ない。
春ちゃんは、ゆずわさびさんのお家にいる限り、安心・安全の生活だ。(私の家よりもそうだろう)
ならば、別の目の前の事を一つずつやっていこう。

おばこの容態も一段落したので、今日は妹と交代でお母さんが通院お休み。
ここ数日、お母さんも気忙しく、散歩も、ご飯も急かしてしまうことが多かった。
さらに毎日留守番っていう。。

今日はみんなの好きなものを!と思ってレバーを焼いた。
ゆきちゃんは食べないが、小夏と茶々は大好き。
けっこうな量を焼き、熱いから冷ましてあげて、小さくちぎらないとニャンズが。。。
とか思っていた。ちょっと電子レンジの中のモノの様子を見て、先ほど焼いたレバーに目をやると!!!

「コレ、あたしのでしょ?」
BlogPaint
うん。確かに、ちゃちゃこも食べると思うけど一人の分じゃないのよ。
食べられないでしょ。。そんなに。。
しかも、1回分のつもりじゃなかったのだよ。おかあさん的には。。。


茶々「え?一人とか思ってないし。」
BlogPaint
小夏「ちゃちゃこねーさん、下に落として!」

おい。まて。
ちゃちゃこの盗み食い&シンクに乗ってるの罪だけでも十分重罪なのに
それ以上罪を重ねるのか?
小夏も共犯の罪は重いぞ。。。

するとレンジの中ではささみの加熱が終わった。
これまた冷まして、小さくちぎって。
盗み食いされる前に、ちゃちゃこと麦にお皿で献上。
ゆきちゃんはおやつに興味がまったくないので、キッチンに出てこない。

足元で、荒い鼻息。

「フンーッ。フンーッ」
BlogPaint
麦の食べ残し。ガン見。
小夏の口元よりも少し高いゴミ箱の上にお皿が置いてある。
小夏は食べようと思えば、食べられる高さ。
しかし、ここは罪を重ねずに法律に則った形でお肉をゲットすることにしたようだ。


「お母さん、みて!」
BlogPaint
うわーっ。でたーっ。
本人なりの「すごいキリッとしたいい顔」
しかも、わざわざゴミ箱から少し距離をとってお座りしている。勝手に。

お母さんは負けた。またもや敗北だ。
小夏は合法的にささみをゲットした。

レバーとささみを食べるだけの簡単なお仕事なのに
こんなにもお母さんを癒せるなんて。
改めて感謝申し上げる。

 
2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村