お母さんが勉強しているアニマルコミュニケーション。
お友達のルークにもお勉強に協力してもらった。

ルーク「ぐぅぉぉーぐぅぉーー」
IMG_7455
はじめての場所。はじめての人。
そしてはじめての犬。
しかも自分よりもずっと年上だけど、ずっと体の小さいグリン兄貴。

そんな状況でも安心して寝られるルーク。グリン兄貴もグゥーグゥー寝てるw
グリン兄貴も、この場所も、安定して落ち着いた空間だからかな。
普段、ヤンチャでハチャメチャに見えるルークだが、
とても細やかな神経を持つ、面白男子なのだ。
本当にいいヤツなのだ。その辺はグリン兄貴と一緒だなー。

この日はお母さんの練習生仲間がセッションをした。
練習生はルークとルークのお母さんを知らない。
まさに、本番のようだ。

飼い主様よりご依頼をいただき、初めて会って、
お話を聞きながらセッションを開始する。
そして、セッションの内容を飼い主様にお伝えする。

練習生としては、もちろんこの状況はとても緊張する場面だ。
他人事とは思えず、なんとなくお母さんも緊張w

しかし、今回はお母さんは飼い主さん側の立場での参加だ。
気配を消して見学させてもらったのだ。

いつもは自分がコミュニケーターとしてセッションを行っているか、
飼い主として参加するか、だ。
今回、第三者として客観的にセッションを見た。初めての体験だった。

動物たちがどんなに一生懸命メッセージを伝えてくれていても、
コミュニケーターがきちんと受け取れていても、それらを
飼い主様にお伝えし、飼い主様の心に響かなければ、何かのキッカケにすら
ならないのだ。そのためには、動物と話す練習は当然のことながら
人間同士のコミュニケーションを取ることを避けてはならないのだ。

コミュニケーターだって、知らない人に会ってお話をするのは
ドキドキして緊張するし、落ち着かない気分になる。
確かに動物と話をする方が、楽かもしれない。
動物たちは、拙いコミュニケーターにも優しいw

しかし、その動物たちと飼い主様の為に何かをしたい!と思ってコミュニケーターになるのであれば
人間同士のコミュニケーション能力も、磨く必要があるのだ。
新しいところに行ったり、新しい人と会い、話したり。
上手く行かない事もあるだろうが、やってみるしかない。
何事も練習だっ!と改めて感じた。

ヤルやる詐欺にならないように、ちゃんと練習をしよう!
と、改めて心に誓う。詐欺はいけない、詐欺はwww



 
2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村