毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2014年10月

癒し

茶々の具合が悪く、ほとんど何も受け付けてくれない。
カリカリ、ウエット、おやつ、スープ、ささみ。。。
元気なときは、食べるのが大好きでとりあえず何でも食べてみる。
おいしいものだったら、自分のお皿が空になってもその場を動かず、他の人の様子を見る。
だいたい他の子が少し残して立ち去ることが多いので、立ち去ると全部のお皿の残りを
食べて回る。そのお皿は洗ったみたいに綺麗になっている。便利な子だ。
お母さんのお手伝いをいつもしてくれる。

そんな茶々が具合が悪くなると、何かを口に入れるのに苦労することになる。

原因もわからず、何が良くて何が悪いのかもわからない。
毎回、とりあえず抗生剤となんでもいいから体力と体重維持のために食べさせる。
この対処療法しか今のところはない。

手を変え、品を変え、時間をずらし、いろいろとやってみるがなかなか食べてくれない。
フェロビタ2と抗生剤は強制投与。同時にウエット食も強制的に食べさせる。
が。上手にペロペロしながらボロボロと出してしまう。
スープをお母さんの指につけてなめさせ、なんとか水分だけでも補給しようとするが少しでやめてしまう。

それでも時間をあけて、1日に何回かこれを行う。
他のニャンズたちも茶々が具合悪くるなると、なんとなく落ち着かなくなる。
ウロウロと日中もずっとうろついていたり、激しく運動会をしたり。
茶々が籠っている部屋の前の廊下に座っていたり。心配しているように見える。

夕方にもなると、お母さんの気持ちも疲れてくる。
そんなとき、ソファーを見ると、寝てるし。退屈だったかもしれない。

102202
なんか癒された。。。

こんなに大きくなったけど、赤ちゃんのときと寝てるときの目が同じだ。。。
102201
あと、耳めくれちゃったけど。

もうヘロヘロ

今日は朝から雨。
しばらく待っていたけど、雨があがらない。

朝の散歩も満足に行けず、雨が小降りの時を狙って10分ほど。
そりゃあつまらないよね。
お母さんのほうをチラチラ見て、「何かするかな、お母さんなんか面白いことしないかな」
とワクワクしてお母さんの行動をいちいち見てる。ガン見。
いや、午前中ってお母さん結構忙しいんだよね。。。知ってるでしょ?
お母さんがウロウロとお家の中で動き回っているのを見て、しかたなーく諦めた様子。
でもたまに、目を開けてチラチラ見てる。諦めてないんだ。。。

そこに素敵なお誘い。
小夏の大好きなオトモダチ(黒ラブ ロアくん)から遊びにおいでのお誘い。
小夏に「ロア君遊んでくれるってー、行く?」と聞くと、お母さんの準備ができてないのに
「行く行く!」と玄関へ向かっていく。いや、まだだし。お母さん準備が。。。

このロア君、小夏がお散歩デビューしたときからのオトモダチ。
小夏はロア君を大好きなんだけど、ロア君はお母さんが持ってるトリーツが大好き。
片思いの小夏。切ないね(笑)

小次郎が我が家を卒業する前日も、お庭で遊ばせてもらった。
102102
手前から小次郎、小夏 ロアくん

今日は雨だったのでお家の中で遊ばせてもらいました。
小夏はプロレスもしたし、ロア君宅のニャンズにもご挨拶できたし、お家も探検できたし、大変ご満悦で帰宅。

そして、小夏が通っているお教室のパピークラスのお手伝いを頼まれていたのでパピークラスに出席しました。
先生から依頼があると、たまーにお手伝いに行きます。
お手伝いといっても、特に何もしません。大型犬のパピーのご挨拶や遊びの練習相手をします。
パピークラスでやっていることを小夏も一緒にやるので、お母さんもお勉強になります。
小夏も楽しそう! しかも、パピーたちがトリーツをもらえるタイミングで小夏も一緒にトリーツ。
タダモライみたいなもんですね。小夏にとっては。。。そりゃ楽しいね。

そして夕方のお散歩。お疲れのようなので公園をぐるっと一回りで終わりにするつもりが、
ロア君とお散歩で偶然会い、「私も行く!」とついていく。
帰宅して、ご飯を食べたと思ったら特等席へ移動。
102001

小次郎が我が家を卒業してから、麦が小夏に甘えたがる。
小次郎が小夏に遊んでもらっていたのがうらやましかったのかな。
でも、むーたん、種族が。。。
小夏もさすがにどうしてよいかわからないらしいが、一緒に寝るのはokだよね。

お母さんの趣味をみんなで楽しむ

お母さんの趣味の通院。

小夏は病院大好きなうえに、数え切れないほど通っている。

いや、リラックスし過ぎじゃない?
101901
受付にいる看護士さんに一通り「小夏、かわいーねー」と撫でてもらってご満悦。

ムーたんはお家からキャリーバッグに入るのまでは、毎回問題なし。
でも車に乗ると、抗議が始まる
「ちょっとー、あたし元気なんだからー!どこもいたくないんだからー!ちょっとー、おかーさーん」
101902
でも病院についてしまうと、お口をキュッと結んで静かになってしまう。
しかも、おねーちゃんたちに無礼なことをするので、麦は一人でキャリーに入る。

「何にも見えない ナンニモミエナイ。知らない、シラナイ・・・・」
「あーぁー、なんかおいしいもの出るのかなー」
101903
ゆきちゃんは、キャリーに入れられると察知すると、すごい速さで逃げる。が、察知するまでがちょっとノロイ。
で、毎回つかまってしまい、抱っこされている間にやっと気づく。そのころにはすでにキャリーイン。
そして、キャリーの壁1点をずーっと見つめて動かない。でも、ゆきは基本健康なので痛いことなんて何もされたことがない。なぜここまで怖いのか。。。
茶々は原因不明の貧血のため、検査や注射、採血、たくさん痛いことされているのに基本は楽天的。

茶々が診察されているとき、キャリーの中で一人、現実逃避をがんばっている。
いつも診察は茶々が先で、そのあとゆき。別に理由はないが、なんとなく。
そしてゆきが診察台に乗る頃には、ゆきの肉球が尋常じゃない汗をかいていて、診察台にゆきの足跡がつく。
101904

今回の通院で、また茶々に貧血が始まっていることがわかった。
今だ原因はわからないが、毎回無理にでもご飯を食べさせて体力、体重を維持することにより突然回復する。
今回も頑張ろうね、茶々。

夜の女子会

本来のブログのタイトル通り、我が家では女子会が行われている。
時間は様々。
夜は主に、ニャンズの女子会。

だいたい、夜ご飯が終わり、お母さんやお父さんがお風呂に入り終わり、
ちょっとマッタリしている時間から始まる。
ゆきちゃんが「にゃぁにゃぁ」と何かを訴え始める。
何か。。。それは「遊べ、羽をふれ」の意味。

寝る前に少しの時間、ニャンズの部屋(本当はお父さんの部屋)で狩りが行われる。
それぞれ、好きなおもちゃが違うし、流行があるので、ずっと同じものというわけではないが、
全部を総称し、我が家では「ハネ」と呼ばれる。

今日は、なんか針金の先にミツバチらしきものがついてるやつ。
しかも、本当はもっとミツバチっぽく羽とかついてたけど、壊れている。けど、気にしない。

まずは、本日の獲物の確認。
101904

茶々が狙おうとしてたのに、ムーたんが茶々を踏み台にしたために怒る
101905
我が家の子はあまり、怒らない。
というか、茶々以外はシャーッはやらない。小次郎にも茶々以外はやらなかった。
その、茶々ですら、よほどのことがない限り、やらない。
茶々が怒っている決定的瞬間が奇跡的に取れた。

そして、しばらくはニャンズの静かなる狩りの時間となり、就寝となる。
寝る前の静かな女子会。小夏はそっと部屋の入口から見ているだけ。
たまに参加しちゃって、みんなから冷たい視線を浴びてるけど。

今日は小夏は外で女子会を開催。お父さんも休日のため参加。
テーマは良い気候なので「お外を満喫」。

小夏の好きなお外。もちろん、こういうお外。
小さなドッグランが貸し切り状態になり、広々とスペースを使って自由も満喫。
101901

そして、もう一つ。小夏の好きなお外。
それは人間やモノがたくさん。そして動きのあるものを満喫できるお外。
このホームセンターの大型犬カート。見ると大喜びで、扉を開けた途端自ら乗り込んでしまう。
乗り込む際、押さえていても勢いでグラグラと動いてしまうので怖くないのかと心配になるが、
そんなことはどうでもいいらしい。
「さぁ、いきましょう!いざ、ショッピング!」
101902
キョロキョロといろんなものをみて、近寄れないから鼻を上にむけて、エア匂い嗅ぎに忙しい。
他のワンちゃんとすれ違ったり、吠えられたりしても、上手にスルーできるので、一緒に買い物は
なかなか、楽しい。
ただ、問題は、小夏を連れていると買い物を入れるカートをもう一台誰かに押してもらわなければならないということ。
だから休日、お父さんと一緒にしか来られない。

たまに、「お母さん、私お利口じゃない。だから、例のアレ。くださいよ」
と、カートを押しているお母さんを振り向き、トリーツをパクリ。
101903

みなそれぞれ、楽しく過ごしている様子を見るのはこちらも幸せな気持ちになるな。

小次郎新しいお家へ!

小次郎くん、18日土曜日に新しいお家へお引越し。
お約束の時間に間に合うようにお家を出発!
車に乗る時間を考えて、すごい早起きして朝ごはん。完食!
えらいぞ、小次郎。生活時間が少しくらい変化したって、どうってことないよね。

車にゆられて。。。あ、あら?なんかペロペロし始めた。。やばいかも。。
と思った瞬間、オタカラ噴射。
お、おぅ。。小次郎をいったん別の場所へ動かしてお片付け。
車はずっと走ったまま。とうちゃん、運転は頼んだよ。後部座席ではカアチャン奮闘中。
なんとか許容範囲まで片付いたと思ったら、静かに。二発目噴射。
おぉぉ。。とうちゃん、車を止めてくれ。
もう走っている車内ではどうにも片付かない。
仕方なく見つけたコンビニ駐車場で後片付け。小次郎は全部出しちゃったからお腹空いたらしく、
ナンカクレ。ミズノムゾ。
えらいね。元気は売るほどあるもんね。これもいい思い出だ。

少し遅れてなんとか到着。
小次郎はお兄ちゃんからトリーツをもらい、ご機嫌に新しいお家のお庭を散策。
そのあとお家の中も探検。
お父さん、お母さん、お兄ちゃん、弟くん、みんなに暖かく迎えられ、あっという間に家族の仲間入り。

お父さん、お母さんとお話している間になんと、我が家ではかなわなかったトイレがいきなり大成功!
新しいゲージ内に設置したトイレに自分で入っていき、オシッコ大成功!
もう、感動的でした。

お話終了後、小次郎が寝ている間に、おじちゃん、おばちゃんは静かに立ち去りました。

と、、、いう流れだったのですが私は帰りの車の中から大号泣。
今、甘噛みがひどく口の前に何かあれば必ずガジガジしてしまう小次郎が、行く途中の車の中で
珍しくガジガジせずに、顔をペロペロ。「カアチャン、アリガトナ」と言われているようでした。
小次郎がオシッコを成功させたのを見て、「カアチャン、オレハダイジョウブダゼ!ココデガンバルゼ!」
と行動で示してくれたように感じました。

いつもだったら私が少し動くと、寝ていても飛び起きて「オレモオレモ!」いや、どこも行かないし。。。
とか思ったことも数え切れないほど。
それでも最後は眠っている内に帰ろうと動いた私を一度目を開けてみて、
起き上がらずにまた、横になり、薄目を開けてこちらを見ているようでした。
「カァチャン、コノママイッテクレヨ」本当にそういわれているようで、急いでお家を後にしました。

そして、車で大号泣ですよ。。情けない。。小次郎があんなにがんばっている姿を見せてくれているのに。。
写真もたくさん撮って帰ろうと思ったけど、気持ちを抑えるのに精いっぱいで写真なんて撮れませんでした。

家に帰っても、朝、遊んでいたままのおもちゃを片付けては泣き、写真を見ては泣き、小次郎が使っていたお皿を見ては
泣き、空っぽのゲージを見ては泣き。。何を見ても泣いていました。

そこで、よく考えてみました。私が泣いてしまうのは今小次郎がいなくてさみしいから。
お家の中がシーンと静かになったように感じます。この寂しさは時間が解決するでしょう。
でも、不思議と心配とか後悔はありません。それは小次郎にとって、とても良い家族を見つけてあげることができたから。
これは、とても誇りに思います。
小次郎にも胸を張って、「カァチャンハガンバッタカラナ!」と言えます。
本当に素敵な、素敵な家族です。小次郎は絶対に幸せになる!と自信を持って言えます。
応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。

以下、小次郎くんの成長を振り返ってみました。たったの2か月でこんなにも大きくなるんだなと、実感します。

拾ってきた翌日。まだ歩けないのでベチャーっと寝てるだけ
小次郎166

小次郎165

拾って3日目。目は何とか開いているが見えてない
小次郎164

小次郎163

拾って5日目。面白い恰好で寝ていた
小次郎162

拾って11日目。にゃんこ用のベッドに入っても無理がない大きさ。
小次郎168

拾って13日目。小夏と比べてまだまだ小さいな。 離乳食も始まった。
小次郎169

小次郎170

拾って15日目。2日前と比べても足が少ししっかりしてきた。
小次郎171

拾って24日目。立ち姿もずいぶんと犬らしくなってきた。カァチャンのスリッパが大好き。最後まで好きだった。
小次郎176

小次郎177

拾って32日目。ゲージの中でもおとなしくしていられる。お利口さん。
ゲージからでたら、元気いっぱい暴れん坊!
小次郎175

小次郎174

拾って36日目。立派にお散歩デビュー!
小次郎173

かわいくて、やんちゃで、暴れん坊で、キカンボで。それでもとってもかわいくて。
とっても、とってもかわいい小次郎。」
小次郎、幸せになるんだよ!!!!
メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
  • 犬生初
最新コメント
livedoor プロフィール