毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2015年01月

ガンバリ屋さん

私の周囲にいる動物たちは、ガンバリ屋さんが多い。
たまには困ることもあるけど、みんなガンバリ屋さんだ。

小夏は「お教室のクラスメイトと並んで写真を撮る」が今の目標。
それに向けて、他の子と並ぶことを前提に、まずはコーンで練習中。
空間を開けずにできるだけくっついて並ぶ。
ワンコたちにとっては、けっこう大変なことらしい。
なかなかくっついて座れない。お母さんの誘導が、まだ下手なんだろう。
小夏は、なんだかコーンが好きだ。
きっとパピークラスの頃から登場回数の多いコーン=楽しいステキなもの
と思っているのだろう。道端で見るコーンも、とりあえず全部確認したがる。


「おかーさん、なんでコレと写真撮ってるの?」
20150123_114741688_iOS
練習なのだよ。小夏嬢。

「ふーん。私は伏せられるけど、コレは無理みたいよ」
20150123_115936821_iOS
小夏だけ、伏せてくれたらいいです。

お教室では、小夏はとても真面目に課題に取り組む。
家では、「やだー、そういう気分じゃないしぃー」とすることもあるが
教室では、ほぼそういうことはない。とても一生懸命やってくれる。


昨年夏、Tタッチセッションで行った「ラビリンス」
これは小夏が後ろ足の使い方があまり上手ではなく、段差などに後ろ足を引っかけることが多く
歩き方のバランスが悪いことが気になった為、セッションを受けた。
この「ラビリンス」というもの。本当に不思議なものだった。
簡単な迷路みたいなところを小夏と一緒に歩くものだが、私一人で歩かせてもらうと
迷路の中で必ず「ゾワゾワッ」とするところがある。

小夏にとっても、すごく難しいようで真剣に取り組んだ。
20150125_105622000_iOS

このラビリンスを数回実施した後、小夏は段差に足を引っかけることがグッと減った。
小夏は結果が出るのがものすごく早いらしく、実際は長期的に続けるもの。
今年も季節的にグランドワークが厳しくなくなってきたら(お母さん的にね)、またセッションを受けようと思っている。


そして、最近小夏のお気に入りはペットボトル。
噛んだり、咥えたり、転がしたり、音がするし、とても楽しいらしい。
散歩中に落ちているペットボトルを拾って、咥えて持って行きたがったが、それはゴミだし。。。
ってことで、お家でご飯食べたらペットボトルあげるから、置いて行ってねとお願いした手前、
約束通り、ペットボトルを進呈した。

ガジガジすると、ものすごいべこべこなってうるさい。。。
BlogPaint

BlogPaint


途中、麦も興味をしめして近寄った。
DSC_1528

しかし、小夏に耳を舐められこのまま麦は退散。
DSC_1523
がんばってこの後もしばらく遊んだが、お母さんがブログを書いている今は
シカバネになっている。ペットボトルも同じくシカバネになって放置されている。

もう一人のガンバリ屋さん。
小次郎。
BlogPaint
このたび、パピークラスを無事に卒業した。
小次郎の家族と一緒に約3か月、パピークラスに通ってくれた。
小次郎のために、家族みんなでたくさんの時間を割いていただいた。
このパピークラスは小夏も通ったクラスで、卒業時に何か「一芸」を披露することになっている。
卒業の日までに、少しずつお家で一生懸命練習して、見事クラスメイトの前で
披露できた。少し興奮しながらも、ちゃんとお母さんの声を聴いていた小次郎。
とても立派に見えた。間もなく6か月になる仔犬とは思えないw
これもご家族の皆さんが暖かく、辛抱強く、小次郎と向かい合っていただけたから。
本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。
まだこの後もお教室に通う予定とのこと。お母さん、小次郎ガンバレ!!!

そして、またコッソリひとり頑張っているコがいた。
BlogPaint
手!っていうか、前足!!!
どんな曲げ方してんの?
しかも、すごいチカラ入ってるしぃいい!
涼しい顔して、頑張ってるんだね。ちゃちゃこ。



 

負けないんだからぁあああ

我が家のニャンズは、みな「チャオチュール」が大好きだ。
毎日、朝夕の2回チュールタイムがある。
お母さんが、さりげなく忘れたフリをしていても、必ず思い出させてくれる。
定位置につき、「にゃぁーーーにゃぁああーーー」と。
ちょっとー、おかーさーん、忘れてるけどー!

あっ。ごめーん。今思い出した―。みたいなフリをしつつ、
気づいてしまったか。。。とチュールタイムになる。
3人分を1日2回。結構なお値段。

もっと安いスープ的なものでごまかせないかと、いろいろと試したが
我が家のお嬢様たちはご納得いただけなかった。

そして、最近かわいいにゃんこたちが、かわいくチュールを舐めるというCMが
流れている。すっごくかわいい。仕草もかわいい。
でも、こんなに大好きなチュール。我が家の子たちも、すっごい可愛い仕草を
見せてくれるのではなかろうか?と思い、やってみた。

ちゅーる、ちゅーる、チャオチュールゥ♪(CMのリズムに乗せて)

茶々。。なんか微妙。なんか耳が。。。
BlogPaint


麦。確実に変な顔。
もっと、こう、愛らしい顔できないもんかね。
BlogPaint

ゆき。かろうじて可愛い気もしなくもないけど、ちょっとビビり気味?
BlogPaint

おかしいな。。なんでだろう。
こんなに大好きなチュールなのに。

しかも、みんな、なんか腰が引けてて最後まで食べられなかったので
結果、普通にお皿に入れた。

茶々、食べるの早すぎるよ。
ゆきも食べ終わっちゃってるよ。
携帯構えてる間に、終わっちゃってるってどういうことだ。
20150122_083758170_iOS (2)

さすが、CMに出られるコたちはすごいな。


 

もう安心だにゃん

先日、アニマルコミュニケーションの練習セッションをさせていただいた。
ご依頼いただいた背景は、犬猫の多頭飼育をされている飼い主さん。
3ワン、2ニャン。この2ニャン。お兄ちゃん猫と、まだ家族になって数か月の妹猫。
妹猫は捨てられていたところ、保護して里親募集してくださった方がいたとのこと。
そして、3ワン+2ニャンの家族になったそう。
お家はとても賑やかで、兄猫は3ワンとも上手いことやっていた様子。
しかし、妹猫がどうしても兄猫と打ち解けられず、3ワンとも確実に一線を引いた生活をしていることを
お母さんはとても気にされていた。

3ワンが怖いのかな?
兄猫が怖いのかな?
自由にお家の中を動き回れないのはかわいそうかな?

たまに兄猫が近くに寄るが、妹猫は「ぎゃぁああーーー、やーめーてーーーー」の大悲鳴を上げるとのこと。
その声は、お母さんをドキッとさせるような悲鳴らしい。
兄猫は何もしていないのに。

こんな背景があり、練習にご協力いただいた。

しかし、妹猫とお話をすると。。。
20150122_033239957_iOS

とても利発で、強気なかわいい女の子だった。
お家の中で好きな場所を聞いたり、お家の中の様子を聞くと、自分がいつもいるエリアについては
とても上手に教えてくれた。
兄猫のことを聞くと、
「あの人が私にとって安全かどうか、まだわからない」
「家の中の安全エリアを少しずつ広げている。いろいろ調べたりしてるから」
「大声出すのは、危険かもしれないから。だってまだあの人のことよくわかんないし」
「犬?別に怖くないよ。私の方が早いし、よゆぅー」

あ、すごい自信だわね。たくましいわー。
まだ家族になって数か月。本人は時間がもう少しかかるけど、別に何も怖くないし、
いろいろ調べたり、確認に時間がかかるから気にしないでほしいとの伝言。
お母さんに伝えると、確かに少しずつ活動エリアが広がっているのはわかるとのことで、この子のペースで待つしかないですねーとお話を終えた。

後日、兄猫ともセッションさせていただいた。
20150122_033220757_iOS

兄猫はとても男気のある親分肌で、イケメンだった。
ワンコたちのプロレスをいつも冷やかな目で高いところから見ているのは
「怖いわけないじゃん。ただ、バッカじゃねーの?と思う。マジ、ドン引き」とのことw
うん、たしかにおっしゃる通りですわねw
他にも、家族みんなの事、さらには3ワンの事、それぞれについてお話をしてくれた。流石アニキっす。

そして妹猫について。
「仲良くしよう、可愛がってあげようと思って近づくとギャーギャー大声で騒ぐ。
もっと楽しい事も、楽しい場所も教えてあげようとしてるのに一人で大騒ぎする。
あいつなんなの???」

まぁ、そうですね。アニキのおっしゃる通りなんですが、妹はけっこう慎重派らしいので、もう少し時間が欲しいそうですよー。と、妹の思っている事を伝えると、アニキはふーん、と納得してくれた。

そして、そのあと妹猫と再度セッション。
アニキは可愛がってあげようとしてるんだってよー、もう少しアニキを信用してみたら?大丈夫だよ。
ついて歩いてみたら、楽しいこと、安全なところ、もっと教えてくれるみたいよー。と話すと、
「うん、わかった。もう少し兄猫を信用してみるね」
とのこと。前回のセッションに比べて警戒心もうすれ、とても素直でフレンドリーになっていた。

この一連の流れを飼い主様へお伝えしたところ、
何故だか知らないが、一緒にくっついて寝たり、兄猫に毛づくろいをさせたりと、
どうやら妹猫は少しずつ心を許すようになっているとのことで驚かれていた。私も驚いたw
今までは、くっついて寝る、毛づくろいをするなんて絶対になかったのに!!!
こうやって少しずつアニキを信用していけるようになれば、妹猫も生活はグッと楽になると思う。
いつも無駄な緊張感がありすぎるというのは、心身の健康には良くないしね。
いつでもアニキがいるって、安心感。いいな。うらやましいw
きっと女王様のようになっていくんだろうな、妹。
でも女王様のような妹に振り回される、親分肌のイケメンアニキ。「いいね!」を押したいw

最後に、練習にご協力いただいた上に掲載まで了解していただいてありがとうございました。


 

歯磨き

 小夏は毎日歯磨きをしている。
磨いていても、歯石がついてしまう。
お母さんが下手なのかも。
でも、やらないよりはマシだろう。

むぎが気の毒そうにみている。
ニャンズは口の中をコットンで拭くだけなので、歯磨きはしていない。

歯ブラシを噛むことはなくなったが、どうしてもベロベロ舐めたくなるらしい。
感触がたのしいのかな?

上の奥は特に念入りに磨く。

そして、上手に出来た賞をもらう。
このときだけは、むぎも羨ましくなるみたいだ。
でも、小夏の賞だからむぎはもらえないよ!

むぎ

本当の名前は麦。
だけど、家ではムーたん、むむ、などと呼ばれている為
恐らく自分の名前が「麦」だとわかっていないと思う。

1日中お母さんの後をついて歩く。
お母さんがトイレに行けば、自分もリビングから飛び出し
トイレのドアの前で座っている。
お母さんが2階へ行けば、階段でお母さんを追い抜いて2階へ駆け上がる。
お母さんがリビングを出るたびに、猫ドアから飛び出る。

でも最近は、頭を使うようになった。
お母さんを追いかけて飛び出てきても、すぐに用事がおわって
またリビングへ戻る時、自分もまたすぐリビングへ戻ることになるなら
お母さんがすぐに戻るか、別の部屋へ行くのかを見極めることにしたようだ。

「すぐもどる?」
20150118_133851412_iOS
猫ドアから廊下の向こうにいるお母さんを見ている。
別の部屋へ行く気配があれば、この猫ドアを飛び出す。


小夏のご飯に興味を示しても、小夏は何もしない。
別になんとも思わないらしい。ただし、ゆきと茶々限定。
麦が小夏のものを食べようとしたら、急いで先に食べようとする。
麦にだけは取られたくないらしい。やはり、自分より小さい妹だと思っているからか。
おねーニャンズには何も思わないらしい。

でも、麦がただ見ているだけなら問題ないらしい。
しかし、なぜそんな近くに寝る?

「ねぇ、おいしい?」
MOV_000015242
耳をなめたり、匂いを嗅がれたりしているが、
小夏は別にどうでもいいらしい。


「うん、まぁまぁおいしい。口のまわりについたのなめる?」
MOV_000018420
口のまわり舐めさせるくらいなら、一口あげればいいのに。


たまに、テレビに夢中。
マグロを羨ましそうに見ている。
麦はマグロの赤身大好きだ。生で食べる。
みんな少しずつ食べるが、麦は急いで食べて
小夏の回りをウロウロする。
小夏のほうが食べるの早いしw

「たくさんマグロ食べたいなぁ。おかーさんケチだからなぁ」
20150119_111023000_iOS
おかーさんはケチであげないわけではないですよ!!!

我が家の麦。
1歳5か月になるが、体も小さ目で行動がいつまでも子猫のまま。
永遠の子猫ちゃんだな。



























 
メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
最新コメント
livedoor プロフィール