毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2015年05月

ステキな日曜日

少し調子の悪いちゃちゃこ。
でも、ここ数日お母さんの師匠にヒーリングを施してもらい
少し上調子!
ヒーリング中にちゃちゃこから伝えられたことや、
今、お母さんができるサポートや注意点も同時に教えてもらい
出来る事を、実施している。

子猫用缶詰も3分の2ほどを食べられるようになり、
総合栄養食以外のおやつも少し食べるようになってきた。
スープも時間になると自分で飲みにくる。

そして今日、虫を追いかけているちゃちゃこ。

「 こいつめ!」
DSC_0548
お母さんのために、ちゃちゃこは虫を退治しようとしてくれている。
なんて優しいコw


「あれ?」
DSC_0551
見失ったかw

「あっ!いた!」
DSC_0555
がんばれー!ちゃちゃこ!
でも無理はしないでね。

「行っちゃった。。。」
DSC_0557
あら、残念ねぇ。
でも、網戸の向こうだから狩れないよ。

調子が上向いてきてから、1階のリビングにいる時間がグッと長くなってきている。
麦に対しても、すこし寛容になってきた。
調子が悪い時は、麦を本当に鬱陶しがる。
まぁ、本当に鬱陶しいコなので仕方ないwww

本当に調子が悪くなってしまうと、ゆきちゃんが茶々から離れなくなるが
するとゆきちゃんも疲れてしまう。
できれば、そうなる前になんとか手を打っておきたかったので
本当に助かった。
師匠、本当に感謝いたします。このお礼はいずれ、出世払いでw

毎度調子が悪くなると師匠にヒーリングを施してもらっている。
本当に調子が悪すぎて強制給餌の段階だと、師匠に過去生についてなどいろんな話をしているらしい。
しかし、調子が良くなってくると
「あたし、ひとりで治せるし」と憎まれ口を叩くようになる。
今回は最初から言ってたらしいw
この調子なら、心配ないな。
まだ気を抜けないけれど、お母さんが心配しすぎて、もっと悪くなる想像ばかりをしていると
茶々は「お母さんが望んでいる事」と勘違いしてしまうかもしれない。
そして、言霊は強い。悪くなることばかり話していると、現実がそうなってしまう。
なるべく楽観的に、しかし細かい配慮と出来ることは実行し、
茶々が元気に、楽しく過ごしているイメージを持って日々過ごすことを忘れないようにしよう。

日曜日の夕方、毎週恒例の「おばこのお帰り」が行われる。
日曜の夕方から金曜の夕方まではおばこは我が家に住んでいる。
金曜の夕方から日曜日までは、おじこの家に帰り、
お母さんの妹たち(孫つき)と楽しく過ごす。その間がお母さんの自由休憩時間。

そして日曜日夕方、おばこが帰ってくると全員挨拶に出て来る。

「あー、おばこーおかえりなさーい」
DSC_0560
椅子の下から挨拶してもおばこは見えないと思うのね。

しばらくおばこの椅子の回りをウロついて、挨拶。
一番熱烈に挨拶するのは小夏。
お母さん相手には興奮すると飛びついたりしちゃうこともあるけど
どんなに熱烈に歓迎しても、絶対におばこには飛びつかない。
飛びついたらそのあと、大変なことになることがわかっているのか。。
動物って不思議だ。
ニャンズもみんな、おばこには優しい。立派な子たちだ。

夕方のお散歩でやっとお友達のコタロウくんに会った。
コタロウ君のお母さんに頼まれていたチョーカーをやっと渡せた。
毎日散歩で持って歩いてウロウロしていた苦労が報われた。

コタちゃんのチョーカーはコレだっ!
DSC_0522



「ど、どうかな?」
20150531_084132491_iOS
こたくん、かっこいーよ!
けど、モフモフの毛に隠れて見えないwww

20150531_084131248_iOS
チラッと見えるチョーカーがステキ!!!

白柴の男の子。
男の子だけど、コタちゃんと呼んでいる。
コタちゃんの苦手な大きな黒いワンコと間違えて
小夏のことも最初は吠えていたが、今では小夏をちゃんと個体認識してくれて
側に一緒にいてもまったく問題なくなった。

一歩進んで小夏は「あそぼ!」と誘うが、さすがにそれは無視されるw
でもすごい進歩だ。
コタちゃんのお母さんも、少しずつ小夏なら大丈夫かなと思ってもらえるようになり
今ではお母さん同士の立ち話も長くなりw
コタちゃんと小夏は「まーた、長話してるよー、これ長いんだよねぇ」と
それぞれリラックス姿勢で待っていてくれる。

茶々も上調子!
小夏もお友達と楽しく過ごし、ゆきちゃんは健康で美人な学級委員長。
むーたんは、お腹いっぱいたべておねむちゃん。
どこにも行けなかったけど、とても良い休日だったね。




 

お母さんつまんないんですけど。

我が家の近所の小学校で、運動会が行われた。
家の前は通学路なので、朝早くから
運動会のために保護者の方がせっせと荷物を持って
小学校の門をくぐっていく。

太鼓がドンドンなり、応援合戦の声が聞こえ、子供たち、保護者の方たちの声、
運動会を盛り上げる大きな音楽。
お母さんもなんとなく、運動会気分で楽しくなってきた。

わけないじゃん!!!!!
小夏の散歩に行っても、「やだー、いかなーい。公園で涼んで帰るー」
って言い張る小夏。じゃあわかった、もう帰ろうね。といって
なんとか公園を出たものの、運動会の音に誘われ、学校へ。
当然学校には入れない。
しかし、見ているだけでも楽しそうに見えるのだろう。

運動会を見たまま、動けないwww
もう、自分も校庭に誘われると信じてお座りして待っている。
誰も、誘ってくれないから。。犬は無理だから。。。

大きな音が鳴るたびに、耳をピクピク、目をキョロキョロ。
中には「あらー、おりこうさんねー」と声をかけてくれる方がいるが、
小夏にとっては、目の前に来られたら運動会が見えないから邪魔。

「ちょ、どいてよ、見えないでしょ」
と失礼な態度。

仕方なく、校門の前の道のなんとか日陰になっているところに落ち着いて見せてあげると、
フセをして、まったり落ち着いて運動会を楽しみ始める。。。

「運動会♪ タノシイな♪ 次は何かな?」
BlogPaint
まだ開会式のラジオ体操だよ。

暑いよ。。小夏。。。
帰ろうよ。。

「さー、なんか始まるかも♪」
20150530_002442273_iOS (2)
始まるけどさぁ。
小夏は一緒にはできないんだよ。。

おかーさん、暑くてやだよ。。。
色んな人に声をかけられてちょっと恥ずかしいし。。
もう帰ろうよ。。

何分ほど見ていただろう。
15分。。20分くらいだろうか。
開会式の校長先生の挨拶から見てたから。
帰る時には全校児童参加の大玉送りが終わって
学年のレースが始まっていた。
どんだけ見てんだよ。。

最近、小夏の散歩はこういうのが多い。
見たい。うっかりしたら参加したい。
でも誘ってもらえないから見るだけ。

「ボール来ないかなー」
BlogPaint
この日は、公園で年配の方がやっているパークゴルフを見学。

午前中は毎日パークゴルフをやっている公園なので
お母さんとしてはできるだけ行きたくない。
しかし、小夏はこの公園の木陰でパークゴルフを見るのは
楽しいらしく、行きたがる。


「あれ、あたしのボールかも!!!」
BlogPaint
違うから。
全然違うから。

邪魔するなら、もう退散するよ。

「わかった。見るだけにする」
BlogPaint
もう、放っておいたらずっと見てる。

この日、時間があったので、お母さんが急かさなかったら
どのぐらい見ているのだろうと思い、自由にさせた。

結果、パークゴルフが終わった。
おい!!!!
午前中いっぱい散歩ということになった。
しかも、木陰で見てただけ。
帰り道の暑いことったらなかった。。

吠えたり、騒いだり、暴れたりしないので
見ているぐらいなら付き合ってあげてもよいのだが、
「おかーさん、見てるだけじゃつまらないんですけどーーーー!!!」






 

ショボーンなんてしてる場合じゃないわ!

今日は恒例のお稽古日。

お稽古がある日は、一応みんなに「今日はお稽古です」と説明する。

「え?そうなの?」
DSC_0516
そうだよー。むーたんも一緒にお稽古してもいいよ


「あら、もう始まるの?」
DSC_0518
 もうそろそろみんなくるよー。

ゆきちゃんは、今日はお稽古に参加するつもりはなかったらしく
さっさと2階の静かなところに避難。
そりゃそうだよね。
演歌がガンガンなって、おばさま達は騒がしい。
踊ってる人いれば、大声で笑ってる人あり。
しかもお約束。おばさま方が大笑いするときは手をたたく。
大きな音で、バシバシ。ニャンズはとてもビックリする。

茶々は今日はあまり調子が出ないらしく動かない。
朝のスープを飲んだっきり、夜9時まで降りてこなかった。
その間はおそらくトイレも行ってないだろう。
お水も飲んでないだろう。カリカリも当然食べてないだろう。
ご飯やスープを茶々のところに持っていっても、今日は食べてくれなかった。
うーん。。。悩ましい。。。

お母さんの悩みは置いといて。
むーたん、お稽古中のおばさまが気になって仕方ない。
だって、扇子や、傘、てぬぐいを使って踊っているので
むーたんからみたら、振り回しているように見えるのだろう。

「もっとこっちきて見せてよー」
BlogPaint
踊っている最中だから、それは無理だよ。

「じゃー、つまんない。」
BlogPaint
まるで総監督のように、お稽古を眺める。

お稽古中、お友達に頼まれたチョーカーを作成。
DSC_0522
白柴の男の子。
ブルーとピンクで。
白いコも何色でも似合うわー。


お稽古が終わり静かになったので、茶々に
「降りておいで―。なんかおいしいの食べよー」と誘ったが無視。
降りてくる気はないらしい。

しかし、夜は自分から降りてきてくれた。
このチャンスを逃すものか!
と、お母さん、短時間で頑張りました。

まず、茶々の好きな缶詰を開けてみる。
数口、食べたが、終了。立ち去る。
いや、そこを何とか。ね?いいじゃん、ね?
とスープを出す。
スープはシブシブ飲んだ。この間にカツオ。
最近マグロは飽き気味なんだろうと思い、あえてのカツオを乾燥。
匂いを嗅いで、少し、本当に2口ほど。
その間にゆであがった鶏肉を冷ましながら割く。
なだめたり、すかしたり。なんとか立ち止まらせて、ジャーン!

向かって左から乾燥カツオ、缶詰、鶏肉。
DSC_0540


「すこし食べる・・・」
BlogPaint
少しと言わず、全部食べてもいいんだよー。

しかし、これも2口。
あっという間に立ち去る。

そして誰もいなくなった。
BlogPaint
ショボーン。。。。

お母さん、指をやけどしたよ。
熱いお肉を割いたから。それでも茶々は食べてくれない。

いや、まだだ!
レバーを買って来た。焼いたら食べるかも!!!!


 

大切なちゃちゃこ。

ちゃちゃこ。
ここ数日食欲もなく、動きもない。
ほぼ、1日中寝ていて動かない。
元気なときは、お母さんが心配になるほどの食欲を見せるが
今は食べてくれない。
食べてくれても、本当に少しだ。
あの、大食漢のちゃちゃこが。

こうなると、貧血街道まっしぐらになる可能性がとても高い。
貧血になると、熱が出て、嘔吐が始まり、脱水にならないよう
強制的にスープを飲ませ、シリンジで強制給餌だ。
投薬が始まり、サプリメントを飲み、点滴をすることもある。

できればそうなる前に、食欲を取り戻してほしい。
今、茶々の中ではマグロがブームらしい。
カリカリは食べなくても、乾燥やゆでたマグロならば食べてくれる。
お母さん、マグロを買いにスーパーに行く。
ゆでてだしてみたものの、食べてくれない。
今日はお肉の気分らしい。小夏ようにゆでたお肉を少し食べてくれた。

もうなんでもいい。食べてくれるなら。
小夏がマグロを食べればいいw
お肉は全部ちゃちゃこに献上。

すると、夕方から少し気分が良いらしく1階におりてきた。
お母さんが小夏と散歩に行っている間、ゆきちゃんを追いかけまわし、
ゆきちゃんに追われて、二人で追いかけっこを思いっきり楽しんでいたらしい。(おばこ情報。当てにならず)
その後、お肉を再び食べ、スープを飲み、気分は上々!
よかったーーーー。とりあえず一安心。

「ちょっとー、わたしお水飲みたいんだけど」
DSC_0487
はい!ただいま伺います!!!
この横に洗面所とお風呂があり、お風呂場のお水を飲みたがる。

「ちょっとー、ここ開けて欲しいんだけどー」
DSC_0492
はい!
開けますね!中をご覧ください!

「ふぅー」
DSC_0496
なんかありました?
上に何か見えますか?

「はぁー」
DSC_0498
あ、なんか気になります?
持ってきましょうか?
それとも、ここで何か食べますか?

「ちょっと見張りしてなかったから、チェックしないと」
DSC_0503
どうぞどうぞ。
風、冷たくないですか?


「フンフン。あっちは工事が進んでるわね」
DSC_0505
ちゃちゃこが寝てる間に、どんどん進んでるんですよ。

「あ、記念撮影いいよ。1枚だけね」
DSC_0508
あざーっす。
目力取り戻したチャチャコ、あざーっす。

「もう忙しいからあっちいっててね」
DSC_0513
あ、はい。
なんか用事あったら呼んでください!
いつでも、すぐにきますからー!!!

少し、目に力が戻って来た。
このまま食べ続けてくれると貧血街道を走らないでいいんだけどな。


「あっ、やばい」

DSC_0478
ちょっとーーーー!
どんどん壁がはがれていくでしょーーーー!

「しらなーい。だってむーのこと誰も呼んでくれないんだもーん」
DSC_0480
ちゃーちゃんが具合悪くなると、どうしても他の子が手薄になってしまう。
ごめん、お母さんが悪いね。
みんなお母さんの大切な子だよ。

でも、壁がね。。どんどんね。。

たしかに、一番最初は小夏がパピーのころ、本当に少しだけかじった。
本当に少しだけ。

そのあと、むーたん、小次郎がそれぞれ少しずつ加勢した。
麦は今でも夜中に壁紙を引っ張ってはがしている。
朝、破けた壁紙が落ちているときがある。

「むぎ、ここで寝てるだけだもん」
DSC_0482
ぜってー、寝てねーし。まじで、寝てねーし。

この夏が来ると、麦も2歳になる予定。
なのに、どうしてもいつまでも子猫ちゃん仕様なのはなぜなんだろうね。






 

むーたんはいいネコちゃん

おなじみ、むーたんの歌。

むーたんが誤飲して大騒ぎになった時
処置の間、獣医さんの前で何度も歌うハメになりお母さんは
ちょっと恥ずかしい思いをしたが、その時はそんなこと言ってられなかった。

その後、ちょっとこの歌にむーたんがブルーなイメージを持ってしまったらしく
この歌を嫌がったが、最近は撫でてもらったり、いいキモチーって思っているときに
また歌い、プラスのイメージを持ってもらうように心掛けている。
イザっていう時に、活用できるように。

むーたんは、いいネコちゃん。
とってもとってもおりこうちゃん。

むーたんのお名前は本当は麦っていうんだよ。
かわいいね、かわいいね、お利口麦ちゃん、むーむーたん。

こういう歌だ。特に意味はない。
リズムをお届けできないのが残念だ。

お母さん大好きっ子のわりに、あまりベタベタと甘えてくることはない。さすが女子だ。

茶々の食欲が落ち気味で、お母さんがすでに警戒態勢に入っている中、
なんとかマグロのアラだけは食べたがるので、血合いのところを大目に
せっせと茶々に食べさせている。
ご相伴にあずかろうと、麦は茶々の後ろにそっと控えてる。

麦「無理しないで残してもダイジョブよ!」
茶々「・・・」
DSC_0464
茶々に食べて欲しいんですよ。。お母さんは。。。

茶々の残したものを食べた後。

え?どうしたの?

「べつに。」
DSC_0465
なんかツライ事とかあったの?

「べつに。」
DSC_0466
なにをフテっているのか知らないが、しばらくやっていた。

静かにしていてくれている、ありがたいこの時間に小夏のチョーカーを作った。
なんでか、以前のものがキツクなってしまっていた。
さらに、水遊びが増える季節、洗濯して乾かして。
その為少し多めに、サイズを変えて作成した。
夏なので、少し派手目に。

DSC_0469
やだ、かわいい。黒いコは何色でも似合うわねー。ステキ。


当の本人、小夏はフテっているわけではなく、ただ暑い。
それだけだ。
ひとりで玄関まで出て行ってしまった。
「あ、、、あついのよ、、、おかあさん、、、」
DSC_0468
そうね。
お母さんも暑いわ。しかも掃除とかやってるとものすごい暑いわ。
あなた、寝てるだけね。

ゆきちゃんは、暑いけど、涼しい顔。
ゆき「いい天気ねぇー」
DSC_0473
部屋の温度が上がりすぎないように、朝から日よけの屋根を
フルオープンしておいたので、窓辺も暑すぎることなく過ごせた。
お母さん、さすが。

麦、マネっコしてる。

DSC_0474
また、マネっコ。

そして、このままゆきちゃんに引っ付いたままウロツク。
ツイテこられる方も、かなりウザいだろうと思う。
しかし、何せゆきちゃんだ。ツイテきている事には一切おかまいなし。

洗面所、2階、窓、ついて歩かれているのに自分の行きたいところに行くゆき。
そして、ゆきちゃんはチュパチュパタイムに入る。
ゆきちゃんが寝てしまい退屈になった麦。
ひとりでソファーの隙間に手を入れたりして遊んでいたが、そのうち寝てしまった。

えぇぇええっ?!
DSC_0476
なにそのポーズ?!

DSC_0477
へんな恰好で寝ていた。

むーたんはいいネコちゃんという歌通り、いいネコちゃんだと紹介したかったが、
コレという決め手はなかった。無念だ。



 
メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • ヒラメイタ!!!
  • 食べ物
最新コメント
livedoor プロフィール