毎日女子会!

アニマルコミュニケーターのお母さんと、犬2匹、猫3匹の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2015年07月

1か月の成果。

今日は通院日。
茶々の、ではない。全員の、だ。

先月の全員の通院日、あまりの病院の怖がり方に
バッチレメディーにチャレンジ中のゆきちゃん。
さて、あれから1か月続けているが、今日はどうかな?

お母さんは平常心でいつも通りの行動を心がける。
そして、いざ捕獲!
ゆきちゃん、茶々、麦の順でキャリーへ入ってもらった。
小夏は行く気マンマンで玄関待機w

車にキャリーを積む。
この時点で、先月までのゆきちゃんはキャリーの壁に頭をくっつけて、
何も見えない、私はいない。。。とやっているのだが、今日は違った。
「やだー、行きたくない―」と鳴く。
今までは声さえ、出せなかったのに。。。すげぇ。。。

病院へ到着。
待合室で待つ間、ゆきは気配を消すことだけに必死になっているハズだったが、
今日は茶々と一緒に外を見たり、している。
多少緊張感はあるが、今までとは全然違う。
壁の一点を見つめていることもあるが、他をチラ見したりする余裕すらあった。

いざ、診察!
ゆきは何も痛い事はない。先生に会って、身体を触られて、聴診器で心音を聞かれるだけ。
それでも診察台にはゆきの肉球からでる汗でしっかり足跡が残り、固まってしまっていた。
しかし、今日はとても落ち着いて診察を受けられた。
獣医さんからも「今日はとても落ち着いてるねー」と驚きの声をいただいた。
診察台への足跡はうっすらとつくが、いつものようにビショビショではない。

診察が終わり待合室で、おやつタイムをしてみた。
今までは何も食べられなかった。何も。
壁一点を見てるだけなので、何を出されてもわからなかったし食べられなかった。
しかし、今日はおなじみ、みんな大好きチュールをキャリーの中で
しっかり食べることができた。
す、すごすぎる!バッチレメディーすごすぎる!お母さん感動。
完全なリラックスには程遠いとはいえ、先月までと比べたら
ゆきちゃんはとても楽になっているだろう。
あー、なんて素晴らしいんだろう。ゆきちゃんが恐怖で動けなくなる姿は
とても痛々しく、ツライ気持ちが伝わってくる。
それが、こんなにも改善されるなんて!!!!
もちろん、これで終了ではなく継続をしていく予定だ。
ゆきちゃんの状態が変わるごとに、ブレンド内容の見直しがあり
必要な時に必要なモノが加わったり、減ったりする。(らしい。内容わからないので師匠任せw)

改善が見られる時期には個体差があると思う。
でも、お母さんは「ゆきちゃん、必ずラクになるから一緒に飲もうね、お揃いだね」
とゆきちゃんに言いながら1か月一緒にバッチレメディーを飲み続けてきた。
そしてこれからも、ゆきちゃんが辛い思いをしないで良くなるまで続けようと思っている。
まだまだお揃い、一緒に飲もうね!

今までバッチレメディーとか、名前も知らなかったことが
こんなにもありがたい結果を出してくれるなんて。
師匠をはじめ、私の知らないたくさんの事を惜しみなく教えてくれる方々、
そして、そんな方たちとめぐり合わせてくれたことに感謝いたします。
ほんとに、ほんとーーーにありがとうございます。

お母さん、あまりの感動と観察に夢中になっていたため、写真を忘れるという失態。
お恥ずかしい。。。
 

リラックス

麦のリラックスポーズ。

小夏と共にリラックスするときは、少し距離を置いて
小夏を見ながらリラックス。

20150716_055807685_iOS (2)
小夏が先に床に寝転がっているところに、わざわざ寄ってきて
少し距離を置いて、ゆっくりと寝転がる。

20150716_055821908_iOS (2)
しかし、よく見ると、本当にリラックスできているのか疑問を感じるが
本人が良いなら、まぁいいだろう。

そして、小夏ナシで一人でリラックスするときはこうだ。

20150715_132054418_iOS (2)
椅子と机の脚の間に自ら挟まっている。
足。足が。

20150715_132058574_iOS (2)
直角w
きちんと揃えて、両足直角www

麦は何だかいつもヘンな姿勢をしている気がする。
でも笑わせてくれる。


茶々のご飯は強制になった。
ご飯はまだ食べられない。
今回もフェロビタ2に頼るしかない。茶々はどっちかっていうとキライだけど。
何とか我慢してもらうしかない。
本来ご飯を食べられない場合は1本(70グラム)を摂取する必要があるが
とても今の茶々には食べられない。
1日最低でも大匙1杯を目標にがんばっているが、何せキライな味。
1度にはとても食べられない。
だいたい2時間おきに少しずつ、ご飯タイムだ。子猫か!と突っ込みたくなる。

そしてこの、ご飯タイムはお互いに憂鬱だ。
お皿をもって茶々に近づくと、すぐに察して逃げ出そうとする。
普段なら、断然茶々の方が動きが早いが、今ならお母さんは捕まえられるw
なんとかご飯タイムを何度も乗り越えながらも、ちょっと憂鬱な時。
麦の変な恰好には救われるw

むーたん、かわいいな。



 

そう、そう、そう!そうだった!

日曜日までは貧血で具合が悪いながらも
夜になると自分で家の中を巡回したり、窓の外を見たり。
気が向けばカリカリを数粒食べたり、水を所望すると威張ったりしていた茶々が
月曜日の日中、まったく動かない。
夜になってもまったく活動をしない。
スープすら、嫌がって飲まない。
かわりに、数回吐いてくれた。
これはやばいぞ。。。

そして今朝、やっぱりスープも嫌がり水も飲まない。 
これは、あれだな。
病院に行くしかない。。。

そして朝から通院。
小夏が通院する場合は病院に何時間いても楽しそうなので
混んでるか空いてるかは気にしない。
お母さんの用事が済んで、お母さんの都合で出発する。
しかし、ニャンズの場合はできるだけ空いているであろう時間を狙っていく。

特に茶々は具合が悪いと、病院行くのを嫌がり、
待合室にいる時も、お母さんがちょっと席を離れるとすごく嫌がり泣く。
ちょっと雑誌を取りに行ったり、ポスターを読んだり、会計をしたり。
この本当に少しでも嫌なようで、小さいか細い声で泣いてしまう。

そして今日も、早朝から猛スピードで最低限の用事を片付け9時には病院へ。
よし!まだ空いてる!
しかも駐車場が埋まっていると、またゴタゴタしてしまうのでサクッとチャリで。
でもキャリーを積んでいるし、茶々に負担をかけられないので、
チャリをずっと押していくというw。。。あ、あつい。。

結果、少し発熱しているのが原因で嘔吐と食欲不振になっている。
いつも貧血の時に発熱しているとこの状態になる。
ヘマトクリット値も下がり、18.7%。
体重も4.1キロまで落ちてしまった。
本日よりスープとサプリメントだけは強制給餌を開始だ。。
お互いにつらいが、茶々はガンバリ屋さんだから頑張れるはず。
お母さんもがんばるよ!

少しブルーな気持ちも抱えながらも、小夏は散歩に行きましょうよー!っていう。
そうね。行きますか。

散歩中、大きな駐車場を横切った。

「もういい?」
20150713_091903970_iOS (2)
 いいよー。
お母さんはブロックの壁を乗り越えなければならないので、
いつも、小夏にここで待っててもらい先に乗り越える。大変。お母さんがw

「じゃいくねー」
20150713_091907621_iOS (2)


20150713_091908788_iOS (2)


20150713_091909476_iOS (2)

上手に潜ってきてくれる。
こういうのは全く怖がらないのが不思議だ。
願わくば、さっそうと恰好よく飛び越えてくれたら、ステキ!って思うけど
この方が小夏らしいっていえば、小夏らしい。

飛び越えてみたら?って誘ったこともあるけど
嫌だとハッキリ断られた。
歩いて越えられるのに、なぜ、ワザワザ飛び越える必要があるのか
意味がわからないらしい。
まぁ、いいけど。

そして、キレイな夕焼け。
写真よりも、実物はもっときれいだったなー。
BlogPaint
よし!茶々は治るな。うん。治る!!!
と、信じて落ちたヘマトクリット値と体重をいつまでもクヨクヨしても仕方ない!

決意新たに帰宅。
そして、茶々のお薬とかスープとか、いろいろやってリビングに戻る。

20150713_153827169_iOS (2)

なんて脱力組な二人。。。w

気負ってばかりじゃダメだねw
そうだったね。
ウッカリ、心の余裕がなくなるとこだった。
ありがとう。




 

キャンプに行ったよ(日帰りだけどね)

キャンプに行く予定を立てていた。
1泊2日。本当はもっと泊まりたいけれど、おばこもいるし。。。
まだ学校は夏休みに入ってないし。。ってことで1泊2日で行くことにした。

しかーし。茶々の具合が良くない。
1泊2日とはいえ、お母さんが心配でたまらなくなってしまうので
今回は諦めようか。。でも、小夏はすごい楽しみにしてるしなー(お母さんも)。
あー、どうしよう。どうしよう。と前日まで悩み続け、結論を出した。

よし。日帰りにしよう。
早朝でて、夜かえってこよう。
茶々も日中は、ほぼウゴカナイので大丈夫だろう。とのことで片道4時間の遠距離を
日帰り予定で遊びに行った。
今でも残念でならない。
でも、大事なちゃちゃこが病気ではお母さんも楽しめないから、
みんなが元気で、楽しめるときにみんなで行こうね!

そんなわけで日帰りだが、大変なのはお父さんだった。どうもありがとう。
大変お疲れだったと思うが、歩く姿は気持ちよさそう。
本当にお天気に恵まれた。ありがたい。

BlogPaint


1泊遅れた小夏。仲間たちはすでに前日から宿泊しているので
もう、山の中か川に遊びに行っているだろう。
さて、小夏はどっちの方向に行きたいかな?と思い、気持ちの良い空気を
楽しみながらフラフラしていた。

突然、小夏が上空の匂いを嗅ぐ。
そして、地面、上空の匂いを何度か嗅ぎながら、突然
「こっちよ!いるわ!」(キャンキャン)と鳴きながら、結構な山道なのに
リードを持っていたお父さんを引きずりながら、すごい勢いで山を駆け上がる。
え?ま、まってください。お母さん、そんなの無理だから。。。マジで。。。

一目散に駆け上がっていった先には、なんと仲間がいた!!!
毎度おなじみダックスチームと、新しいお友達タップくん。
まさかの小夏の追跡。素晴らしい!!!!
感心はしたが、山道を駆け上がるのは無理だから。。。
みんなで、進んで行く中、すでに小夏とダックスチームは
山中を自由に走りながらみんなについていく。野生だw

山道を登ると、小さいけど、とても水が澄んでいる滝があった。
すっごい足場が悪いけど、なんとか記念撮影。

「おかーさん、あたし、見えなくない???」
BlogPaint
そうね。。。
みんなと顔の高さが違うから。どうしても木の陰になっちゃうねw
しかもお母さん、滝を入れてないっていう致命的な失敗。

ま、気を取り直して、お待ちかねの川あそびーーー!

「やだーーっ、つめたいーーーっ!」
DSC_1827
そうね、お家のプールなんかより、ずーーーーっと冷たいね

前日まで降っていた雨のせいか、水がとても澄んでいてキレイ。
だけど、すっごい冷たい!!!

タップくんはお母さんの都合で、川遊びの前に撤収。
ざんねーーーん。
タップくんは大きな黒い犬が怖いとのことで、最初に小夏を見た時に
「まじ寄るなーーー! さわるなーーー!こっちにくるなーーー!!!」
と、ご自分の意見を大きな声でみなさんに伝えていたw

小夏は「うるさいっ!さっきから、あんたうるさいのよ!」と一言文句。
いやいや、やめてください。収集つかなくなりますから。
「あのね、タップ君、大きな黒いコが怖いんだって。」伝えると「あ、そうなの?ふーん」
あ、納得なんだ。なんか、うん、じゃそんな感じでよろしくw

何度も無駄にタップくんの周囲を横切る。何もしないでタダ横切るw
タップくんもリードを外し、お母さんの力を借りずに自分でどうするか考えなければならない状況。
さて、タップ君はどうするの?

小夏が横切るたびに「寄るな!こっちくるな!来るならやるぜ!」と大声を張り上げていたが、
小夏は無視w
何度も、何度も、横切るたびに疲れてきたのか、タップ君。沈黙www
「近くを通るだけで、何もしないなら、別にいいけど。通っても。」
こうやって、段々横切る距離を縮めて行った。

「あたし、通ってるだけだしぃ~♪」
「あ、うん。別に通るだけなら。。。。。」
DSC_1832
そして、許容せざるを得なくなるタップ君www

こうやって段々慣れていくだろう。続きはまた次回ね!タップ君!

いつものメンバーで川遊びを開始したものの、小夏入れずw
マイエンねーさんが、何度も何度も泳ぐ姿を見せてくれ、興味はMAX!!!
マイエンの泳ぎがとても上手だ。

「ふふふん♪ ふん♪」
DSC_1907
ご機嫌に、ドヤ顔で帰って来た。
獲物は大きな枝。で、デカすぎない???

「ぜーんぜん。余裕だしぃ~♪」
DSC_1911
よっこらしょと岸に上がってくるが、みんなの「すごーい」の称賛を
期待しているドヤ顔。

小夏も入ってごらんよーーー。

「えーーー、でもーーー」
DSC_1872
一番デカいクセに、ビビる。
でも、入りたくて、何度も何度も岸から川には降りていく。
深くなる手前までは行けるのだが、深いところに足が入ると
慌てて戻ってきてしまう。

何度も何度も、リッカとマイエンに泳いでいるところを見せてもらった。

「ちょっ、やっぱり深いぃぃぃーーー」
DSC_1887
でも、届いているから。足届いているじゃん。確実に4本足でお水に立っている。

「あー、ちょー、無理」
DSC_1889
泳いでないしw
ただ、水の中に四本足で歩いて入っただけだからw

途中、小夏も少し諦め気味。
「あたし、やっぱり陸でいいや」
DSC_1947
がんばろうよ!
そんなガジガジはどこでもできるじゃん!
がんばろう!

ほら!マイエンとリッカは一緒に泳いでるよ!!!
DSC_1996

なんとか泳ぐ環境を作ろうと思い、対岸でお父さんに小夏を
押さえててもらい、反対側でお母さんが小夏を呼んだ。
すると、迷いなく!!!!
ザッパーーーン!!!

「お、おかーーーさーーーーーん!!!」
DSC_2053
「こなつぅーーー!がんばれーーーー!おかーさんここで待ってるからーーー!」

陸に上がって来た時には、もう感動の再会の気分だったw
泳げたよ!上手だよ!さすが、カッパの足だね!
本当によくがんばった。このあとは何回も往復して泳ぐことができた。
成功体験って大事だな。ただ、どうやって成功体験をさせるかって難しい。
今回は、小夏の群れ(って小夏が思ってる)の仲間がいたから出来たんだと思う。

たくさん泳いで、休憩。

「あたしさー、泳げると思ってた。余裕だったな。」
BlogPaint
う、うん。。。
水に入るまでにすごい時間かかったけどね。。
でも、よくがんばったよ。上手だった!


そして、恒例の記念撮影。もうみんな、お疲れMAX。
いつもより列も乱れ、耐久性なしw

「疲れたけど楽しかったー。ここにみんなで住もう」
BlogPaint

帰りたくない気持ちはわかるw

お母さんたちも楽しかったしね。
でも、住めないよw

帰るのを嫌がったがわりに、駐車場近くにきたら
「早く帰る。もう疲れた」とさっさと車向かって行った小夏。
帰りの車はグッスリだった。
また行こうね!


 

何故、そんなところに?

まだまだ絶賛貧血中の茶々。
週に1度の通院日。
この1週間の生活の様子からみて、おそらく数値に変化はないだろう。
掛かりつけの先生との相談の結果、今日は血液検査を行わないことにした。
お母さんの予測では、おそらくヘマトクリット値23%~25%の間。
今までの経験値や数値の履歴を見ても、ほぼ間違いないだろう。

まぁ、仕方ない。
茶々の場合、貧血が治るまでに1か月から1か月半かかるはずだから、
こんなにすぐに治るわけがない。という諦めではなく、冷静に事実を把握。

ずっと貧血だと、身体もこの状態に慣れ始める。
一人暮らしをしている茶々だが、今日は「外に出せ」と
ものすごいしつこく鳴いた。
玄関のドアをガリガリしたり、大声で鳴いたり、か細い声で小さく鳴いたり、
バリエーションいろいろあるのね。

「やっとだよ。。やっと出れた」
20150710_040900652_iOS
 諦めるかと思ってたけど、お母さんが負けたw

「ふぅー。いいキモチ。ずっと雨だったからつまんなかったー」
20150710_042551402_iOS
そうね。
雨だと虫も鳥も来ないもんねー。
でも茶々だけ特別だよ。お外出られるの。
お母さん、今日いろいろ予定があって時間がさぁ。。。
だから少しだけね。

「えぇーー、あたしもでるーー。あたしもーー」
20150710_041356460_iOS
ごめん、無理。
お庭は小夏のプールがあって出られないしさー。
お母さんも今日は時間がないから、少しだけだしー。
ゆきちゃんはまた今度ね。

何回説明しても、ずっと怒って鳴いている。
外に出たいのではない。
茶々が行くところに、自分が行けない事が納得いかないのだろう。

なんだかんだの結果、チャチャコ結局1時間玄関でウダウダしたw
お、お母さんの予定が。。。
そうだね、関係ないよね。お母さんの予定なんて。いいの。何とかするから。。

そして、後回しにできるものはすべて後回し。
なんとか最低限の予定をこなし、本日は小夏のお教室。
夜のクラスに向かう。

小夏はがんばって、最後は寝ていたw
この間、2時間半。

家に戻ると、一人暮らしのはずの茶々が玄関に居ない。
麦は小夏がいないので、ひとりぼっちで小夏の布団に寝ていたw
ゆきちゃんもリビングのいつもの場所にいない。

ゆきと茶々を探した。
最初に見つけたのは茶々だ。
リビングに居ないということは、恐らく2階にいるのだろう。
階段を上がる途中、視線を感じた。

「あ、おかえり」
20150710_134614641_iOS
え?

「いつもより少し早いじゃん」
20150710_134652977_iOS
は、はみでてるよ。

「なにが?」
20150710_134626702_iOS
茶々こが。
完全にはみ出てるよ。

そんなことは気にならないらしい。
どうしてこんな不安定なところにいるのか、不思議だ。

ゆきちゃーん、どこー?
カタン
音が鳴る方を見に行く。

「あ、おかえりー」
20150710_134636236_iOS
えぇー?
なんで、そこ?

小夏がパピーの頃使っていたクレートw
今は入れないので、物置部屋に片付けてあった。

別にいいんだけど。なんでそこなんだろう。
とても落ち着きが良く、お気に召したらしい。
今度から、ここを一番に探さなくては。

我が家にはニャンコたちが落ち着けるように、ニャンコ専用の
休憩エリアが数か所ある。
もちろん、フカフカベッドも、毛布も、ホットカーペットも、まだある。
それらを使っていることも、もちろんある。
しかし、わざわざこうやって新しい場所を開拓する気持ちがスゴイな。
現状満足ではなく、常に向上心を持っているということだ。

もっと、素敵な場所はないか?
もっと、落ち着ける場所はないか?

そういう目で常に周囲を見ているのだろう。
本当に素晴らしい。
このキモチをずっと忘れずにいて欲しいものだ。(大げさ)

でもさー、なんでそんなところなの?





メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
  • おかーさん、どーすればいいの?
最新コメント
プロフィール

小夏ママ

アニマルコミュニケーターのお母さんと2ワンと3にゃんの日常生活。

アーカイブ