毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2016年04月

ごぉぉぉおおーーーる!

何か月かかったかわからない猫ちぐら。
ようやく完成した。

ゼロ号機は完成することなく、廃棄処分となった。
完成もしていないのに、ボロボロになるって。。。
不憫なゼロ号機。

そして、初号機。
ようやく、完成した。

初号機
IMG_8017
なんか編むのが下手すぎて、いびつだw
しかも、資材が途中で足りなくなったりして
色が途中で変わってしまった。
同じ2色使いになったとしても、もっとセンスある
色使いができなかったのか。。わたし。。。
できないのだ(きっぱり)。
なぜなら、そういったステキなセンスは持ち合わせていないからだ。
まぁ、いた仕方ない。

さっそくゆきちゃんが、使用感を試してくれた。
出来上がる前から散々使っていたが。。。

写真はできる直前。
天井を開けたままにするか、全部閉じるかを悩んだ。
全部閉じると、中は本当に薄暗い。
猫的には良い感じの薄暗さだし、守るべき
出入り口は1か所だけだ。
しかし、お母さんとしては、天井から様子を眺められたほうが
楽しいし、可愛い姿が見やすい。
いろいろ悩んだが、初号機は定番の閉じた形でやってみることに。


ゆき「やっとできたのね。フンフン」
IMG_8010
あ、まだです。
天井をどうしようか悩んでるんだよねー。


ゆき「じゃあできたら教えてねー。寝てるからー」
IMG_8011
え。。。
中入られると最後のところ、やりづらいんだよ。。。

ゆき「よっこらしょ」
IMG_8012
あぁ。。。やっぱり入っちゃうの。。。

ゆき「やっぱりちょっと狭いよね。入り口」
IMG_8013
やっぱり?
背中を反らせながら出入りしている。
入り口が低すぎるのか?
研究の余地ありだわね。

ゆき「中は広いのにね」
IMG_8014
中でクルクルっと回れる十分な広さがある。
でも、2匹入るほどの広さはない。
入り口が一か所で小さいので、ゆきが中にいるとき
誰にも入ってほしくなければ、自分でガードすることができるw


ゆき「もう寝るから。できたら起こしてね」
IMG_8018
う、うん。。。


入り口は守れるが、その外にはさらに脅威が!

麦「はやくむーたんの番こないかなー」
IMG_8019
ゆきが中に入ってて麦は入れない。
順番を待っているwww

麦も茶々も入りたがる。
ゆきと麦の間ではすでに小競り合いがあり、
ゆきがちぐらから逃走し、麦が奪取するという事件も起きた。

早く、全員分つくらなくちゃ。。。
さらにプレッシャーがかかるお母さんであった。



 

兄弟ってやっぱり似てる!?

良いお天気に誘われドッグランへ。
ルークとルークの兄弟(ポンちゃん)がドッグランで会うとのことで
小夏と花チームも便乗。

そういえば、昨年小夏とぽんちゃんが会ったときには
まだ花は我が家に来ていなかった。
今日は、花も初ご挨拶だ。 

ポンちゃん
DSC_5775 (2)

ルーク
DSC_5776 (2)
一緒に産まれた兄弟だが、なぜか毛質が違うw

ペットホテルを経営しているところで、12頭の黒ラブが
産まれたという事だった。
12頭のうちの2頭の兄弟を見ただけだが、
え?ほんとに黒ラブ?だw

ぽんちゃんはフラットかと思うほどに毛足が長い。
走る姿もルークのようなドタドタ感はあまりない。

ぽんちゃん
DSC_5798 (2)
そして、耳は花と同じだ
不良ではないので、花のように
脱色もパーマもしていないw

ぽんちゃんはよく走るので、花と一緒に走るかなーと
思ったが、ぽんちゃんは花よりもボールが好きなようだ。
花と小夏はいつも通りプロレスに。

花 「はーちゃんがやっつけてやるーー!」
小夏「まいったー(ぼうよみ)」
DSC_5800 (2)
おぅ。。
小夏はすでに黒い犬ではなくなっている。

小夏「やだー。みないでー」
DSC_5802 (2)
立っていると真っ黒い犬に見えるが、
実は小夏は胸からおなか、お尻にかけて
白毛がたくさんある。
遠目でもわかるほどにお腹は白い。
胸の白毛は花も同じお揃いの模様だ。

しかし、小夏もやられてばかりではない。

小夏「もぉー!本当は強いんだからねーーーっ!(自分ではそう思ってる)」
DSC_5787 (2)
花、目をむくwww

そして、恒例の、ルークと花のオモチャ取りっこ。
ルークがオモチャを咥えて走る。
花はオモチャを取ろうとする。
ただこれだけだが、上手い事遊ぶのだ。

ルーク「ほれーー、ボールとってみやがれーーー」
花  「はーちゃん負けないんだからーー!」
DSC_5806 (2)
花、すごい顔。
歯茎むきだしw

ルーク「ほれほれー。おっせーよ、花」
花  「急に曲がるからじゃんかーーー」
DSC_5807 (2)
花、ルークが急に向きを変えるとルークとぶつかってしまう。
さらに、ぶつかったら花の方が吹っ飛ぶので
体制の立て直しが必要になる。

それでも負けずにくらいつく花。
そのガッツ、何か違う事に役立ててほしいw

DSC_5808 (2)

そのころ、小夏は。。。

小夏「うふふ♪ ボールがコロコロってなる♪ たのしー♪」
DSC_5818 (2)
ひとりで、前足でボールをチョンチョンと転がし
自分で拾って、ボールにプレイバウという
非常に地味で暗い遊びをしている。

花は誰でも友達になって一緒に遊ぶ。
小夏は誰とも揉めたりしないし、挨拶も上手にするけど
知らない犬とは遊びたくないw
結果、花が遠征していると一人で地味に遊ぶ。

あんまり地味なので、お母さんはいつもこのときに応援の掛け声を出している。
「こなつ、じょうずーー」
「こなつ、すごーい」
「こなつ、かわいー」
など。

どうしてもルークからオモチャをとれない花。
諦めて、花が勝手に「基地」と決めた場所へ戻る

ルーク「どうしたんだよー。やろーぜー」
花  「だって、絶対はーちゃんに触らせてくれないじゃーん」
DSC_5811 (2)
まだやりたいルーク。
しかし、お疲れの上に一度もオモチャを触らせてもらえないので
飽き気味の花。

このとき、ドッグランには総勢15頭ほどのボーダーコリーたちもいて、
花はボーダーチームに入ってさんざん遊んでいるうえ、
サルーキーと全力疾走を楽しんでいるので、お疲れも出てきている。

そんなルークと花の駆け引き。
どっちが自分の主張を通せるのか!という空気の中。

小夏「はい、とおりますよー。写真撮ってー」
DSC_5814 (2)
小夏、無駄に通過w

ポンちゃん「づーがーれーだー」
DSC_5848 (2)
関節がやわらかいw
本当に毛がふっさふさでくりんくりんだ。
ここだけ見ると、まったくルークと兄弟とは思えない。

しかし、耳以外の顔のパーツはとてもよく似ている。
やはり兄弟か。。。本当に兄弟なのか、疑問もあるがw

小夏と花は記念撮影の経験があるが
ロアとルークは初体験だ。
で、、、できるかな? いや、できるはずだ!

まずはちょっとやってみよう。

ルーク(左)「おれ、なにしてんのかわかんない」
ポン (中)「オレもわかんない」
小夏 (右)「例のアレか」
DSC_5850 (2)
んー。
みんなそっぽむいてるけど、とりあえず全員でやってみよう。

DSC_5857 (2)
全員、あさって向いてるwww

なんだろ。こういうの見たことある気がするwww
一番左から
ルーク、ぽんちゃん、花、小夏、ロア。
はーちゃん疲れちゃって、座ってマテができずフセになってしまった。

希望としたら、もう少しちゃんとくっついて一列になってほしかったし
全員一瞬でもいいからこっちを見てほしかったが
何せ、閉店時間だったので、こちらも焦ったw

よし!
また次回チャレンジだ!
















ゆきちゃんと猫ちぐら

もう、何か月かけて製作しているかわからない猫ちぐら。
高くて猫数ブン買えないから、 作ろうと思い立ったわけで。
もう夏になってしまうw

だいぶちぐらっぽい形になってきた。
一番楽しみにしてくれているのは、おそらくゆきちゃんだ。
一生懸命、応援してくれる。

ゆき「おかーさん♪」
BlogPaint
かわいいw


ゆき「はじめる?」
IMG_7974
うん、じゃあはじめましょうか。

ゆき「えい!えい!」
BlogPaint
あ、爪出すの禁止ねw

ゆきはうっとりしている時、ヨダレを垂らすw
たぶん、唾液が多いのだろう。
資材の紐と戦っている時に、咥えて引っ張ったりするのだが、
資材がビッチャビチャになってしまう。
濡れると使えなくなっちゃうんだよねー。困るんだよねー。


ゆき「あれ?と、届かない」
BlogPaint
ずいぶん、体出ちゃってるけど。

ゆき「よいしょ、ちょっとひっかかるね」
BlogPaint
ごめん、入り口せまい???

ゆき「んー。だいじょぶー」
BlogPaint
だ、大丈夫そうに見えないけどいいの?


ゆき「顔だけだったら、ちょうどいいよー」
BlogPaint
くび、だいじょぶ?

ゆき「覗き窓にはちょうどいいよー」
BlogPaint
いや、そこ、覗き窓じゃなくて出入り口だから。。。

まだ、天井が開いているため、みんな天井を
出入り口と勘違いしているのだ。

こんなに穴が小さい予定ではなかったのだが。。
おかしいなぁ。。。

ゼロ号機
20160210_170526962_iOS (2)
作業が続けられない為、未完のままチャチャコに贈呈。
しかし、ボロボロになりすぎて廃棄処分となった。

そして、現在作成中の初号機。
今度こそ、なんとか完成までがんばるぞ!!!









 

とりとめのない1日。

麦「はーちゃんが、むーたんの耳ぬらしーた」
IMG_7949
濡らしたっていうか、舐めていったのね。
めくれるわ、耳の毛が濡れるわ、麦災難w


花「はーちゃん、ご飯いらないから。(でも、チラッ)」
IMG_7946
手前には花のご飯がある。
気になってみてるけど、あえての自分のベッドに帰る。
ご飯の時は必ずこの「はーちゃん食べないから(でもずっとご飯見てる。)」
をしばらくやっている。
面倒なので、もう放っておく。
時間になったらご飯下げられちゃうからね。

小夏「あたしも今日は食べたくないの。」
IMG_7952
え・・・。
なに、それ。

手前に小夏のご飯。
そして、隣の部屋の暗がりに小夏がたっているw
こちらをみて、ご飯だよと言われていることは
わかっているが、食べたくないので、出てこない。

こういうときは、小夏は絶対にご飯を食べないので、
お母さんは早々に諦める。

そして、お母さん、新しいオヤツに挑戦してみた。
IMG_7953
犬チームには大好評だった。
頭も骨もボリボリ良い音で食べていた。
お母さんも食べたが、すっごいおいしかった!!!

しかし、お母さんは内臓を取るのに悪戦苦闘だったw
だって初めてやったのよ(ボソッ)
まだ改善点はあるので、またチャレンジしてみよう。







 

はじめてのーっ!

数日前、少し暑いかなーっていうくらいの日。
そうだ、ドッグランへ行っちゃおうぜー。
というお母さんの思い付きで、れっつごー。

我が家が利用させていただいているドッグランは、3か所。
近い(車で10分ほど)、まぁ近い(車で30分ほど)、遠い(車で45分ほど)。

どこにしようかなー。こなつー、どこがいい?
と、相談の結果、近いランへ。
暑い日には水桶が出るので、水遊びができるから。

昨年夏、花は我が家にやってきたばかりだった。
夏の水遊びを一緒に体験はさせてみたが
お水を怖がり、泳げずw
今年の夏は泳ぐ練習の前に、お水に慣れなければ!と
自宅のお庭で水桶で練習を始めていた。

そして、思いっきりランで走る。
走る!走る!走る!
ただ、ひたすら遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!

小夏は少し走る度に水桶へw
それを遠巻きに見る花。
やだー、はーちゃん濡れちゃうからー。といつものセリフ。

しかし、花だってかなり暑いはずだ。
少しお母さんが手伝ってあげよう。

花  「はーちゃん、濡れちゃったよ。。。」
小夏 「はやくー。つぎあたしの番なんだからー」
IMG_7954
花のショボクレ顔www
そして、ワクワクして自分の番を待つ小夏w

しかし、この後驚きの展開が起こる。
なんと、花はこの水桶の中でバシャバシャと遊び始めた。
そして。。。。

花 「ふぅー。いい水加減だわー」
IMG_7960
おいーーー!

突然のお風呂仕様にお母さん驚きを隠せないw
小夏は、まだこれができないのだ。
泳げるし、水の中をジャバジャバ歩けるが、
水の中に浸かる(?)ができない。
ハーネスもビショビショですが。。。

小夏「え。な、なにしてんの・・・」
花 「お水も飲めるし、冷たいし便利だよ」
IMG_7959
え。。。
小夏よ。。気持ちはわかるw
しかも、すっごい泥水wwww

小夏「あたしの番。。。あっついんですけど。。。」
花 「はーちゃんいい気持だからー。ずっとここはいってるし」
IMG_7958
かわってあげなよ。
小夏、ずーーーーーっと待ってるじゃん。

お母さんと小夏が水桶から離れると、花も慌てて追いかけてくる。
そして、濡れているからだで土や芝の上をゴロゴロ。。
おう。。すごい事になってるが、花のはじめてのお水遊びの日だから
褒めて、褒めて、褒めまくって小言は言わないw

遊ぶとまた暑くなる。
ダッシュで水桶へ。小夏ダッシュしたら負けるwww

花 「ふぅー。はーちゃん疲れちゃったからお水入ろー」
IMG_7957
おみずっていうか、泥水ね。。。

小夏「はやくー。花かわってよー」
花 「だってはーちゃんまだあっついからー」
IMG_7956
一緒に入るにはちょっと狭いwww

お家の水桶でもできるかな?
今年は泳げるぞ!きっと!



 
メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
  • ドライブのカタチ。
最新コメント
livedoor プロフィール