毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2017年03月

食べ物

とうとう、犬オヤツが底をついたので
一気に大量に作った。

鶏肉、バナナ、さつまいも、レバー、まぐろ。色々。
おやつを作っていると、必ず気づく麦。
そして、催促。
何を催促するかというと。

麦 「むーたんのブンだー」
IMG_0445
そうだねー。
むーたんのブンだよ、どうぞー。

麦 「おいしーねー」
IMG_0446
ねーって言われてもさー
麦以外の猫チーム食べないしw


必ず欲しがる。生肉www
豚肉やレバーしかない時は、さすがにあげられないが
鶏肉シリーズがある時には、必ず麦におすそ分けだ。
しかも生じゃないとイヤだし、解凍は嫌がるw

小夏「いっただきまーす」
IMG_0452
今日はお魚ご飯だよー。


花 「はーちゃん、ご飯なんか食べないしー」
IMG_0454
おい。。。

毎回やる、この面倒な儀式。
取りあえずご飯なんか食べないでも平気だしー。
とやってから、そのあと完食するのだ。

小夏は日中、お水をほとんど飲まないので
できるだけ食事で水分を取らせようとして
結構ジャブジャブのご飯になってしまうw

そして、ご飯を食べた小夏の一言。
「おいしかった?」
と聞くと
「おいしかったけどさー、なんか、何を食べてるのかわかんない」

え・・・・。
そうだ。確かにそうだ。
特にお魚だったから、身がほぐれてしまって食べてる感がなかったようだ。
しかし、普段のご飯を思い返してみると、
花に合わせて肉を小さく切っていた。
小夏にはコレはちょっと不満だったようだ。

もう、花も立派な大人になったし、小さく切らないでも大丈夫だから
今度からお肉は食べてる感でるように切るね。。
と熱く約束を交わした。
確かに毎日おかゆみたいにサラサラ飲み込むだけだったら
つまんないよな。

花、自分のお皿をきれいに舐めまわした後。

花 「ぐぅえっぷー」
IMG_0455
はーちゃん、おなか一杯になって立派にゲップをwww

小夏のお皿の周りにこぼしたご飯を
小夏が食べ残していないかチェックし、
お気に入りの靴下(お母さんの破けたくつした)を
もって、小夏のお皿の周りに座るwww

靴下は大事なので持って歩くw

さぁ。皆さんおなか一杯ですねー。
むーたんはどうですかー。お肉おいしかったですかー。

麦「おいしかったー。今オシャレ中だからー」
BlogPaint

むーたんのセクシーショット。

ご満足いただけたなら、お母さんも満足です。





 

なんかちょっと違う

日常。

遊び疲れて寝ている犬チーム。

IMG_0338
左 花
中央 麦(犬ではないw)
右 小夏


IMG_0339
小夏。
小夏がまだ子犬だったころに買った座布団w
確実に体がはみ出てしまう。

ちゃんとベッドあるだろうに。
小夏は今でも好んでこの座布団を使うので
捨てられないwww

いろんなコがおもらししたり、吐いたりw
歴史がある座布団。
そのたびに座布団事洗って、消臭スプレーして
何日も天日干しして。
もうヨレヨレなので捨てようと思うが
小夏が気に入ってるので捨てにくいのだ。


IMG_0413
むーたん、 はーちゃんの足の上に座っちゃってるwww
それ、椅子じゃないからね。
確かに花の太もも、筋肉パンパンで
ムッチリしてるから座り心地は良いだろうが、違うのだ。
イスではない。


IMG_0443
寝室の小夏のベッド。
ベッドでペロンとしてるのは、なんかゆきちゃんが近いからw

しま〇らで流行にのって買った、
足を突っ込んでつかうあったかグッズ。
実はお母さん一度も使えたことない。
いつも誰かが乗っているからだw

そして、とうとう、ゆきちゃんのベッドみたいなっている。
もうゆきちゃんの白い毛がたくさんついてて、
完全にゆきちゃんのベッドみたいなっている。
ま、いいんだけどね。


 

新しい場所へ!5

先日見つけた公園。
まぁ、よかったが、もっとこう、なんか。。
と求める気持ちがw(お母さんの)

そして、また新しい場所へ!
ここも我が家から15分くらい。
知らなかったわー。こんなところー。

花 「はーちゃん、上みたいーーー」
DSC_2410
いや、 無理だから・・・


花 「はーちゃん、がんばったらいけるかも」
DSC_2409
行けないよ。
はーちゃん、ヤギだったら行けたかもだけど、
はーちゃん、犬だから。

小夏「階段あがったらいけるかもよ!」
DSC_2411
 あったまいーー!

けどさ、この上は住宅街で公園ではないので
今日は階段上りません。
仕方なく、公園の周囲をスタスタ。

花 「はーちゃん、なんか、今日、つまんな・・・」
小夏「しーっ。それ言っちゃダメ!!!」
DSC_2413
うん、わかる。。
つまんないよね。。おかあさんもつまんない。。

公園。
そう、公園だ。確かに。
だけど、微妙な広さで何もない。
ただの芝生広っぱ。
しかも、なんか、サッカー子供達がしてて
公園の周囲を回る以外にやれることがないw

花 「はぁーあー。はーちゃん、つまんないなぁー」
DSC_2415
ごめん、今日の公園は失敗だったね。。。

でも、来てみないと失敗かどうか、わかんないじゃん。
ということで、さっさと切り上げて
他の所に行こうぜー!

そして、ドッグランへ。
この失敗公園からさらに15分ほどで
お母さんが好んで利用するドッグランベスト3の中の
1つがあるのだ。
ほらー、走りたいって言ってたじゃーん、はーちゃんがさー。
だから、行こうよー。

と、いうことで、ドッグランへ変更。

公園探しは難しい。。。
また探そうと心に誓ったおかーさんであった。





 

新しい場所へ!4

新しい公園探しにハマっていたお母さん。
また、新しい場所へ。

「ふん♪ふふん♪ こうえんだー♪」
DSC_2372
なんか、新しい場所っていう状況に
微妙に慣れてしまったような。。

花 「はーちゃんのシラナイ匂い!!!」
DSC_2374
シラナイ匂いじゃなくて、知らない犬の匂いだろう。たぶん。
なんか体をへんな風に曲げながら、すっごい
匂いを嗅いでいた。

小夏「ココからスタートなんでしょ?」
DSC_2378
さよーでございます。
さすが小夏様ですね。
花様は、車から降りてまだ駐車場だっつーのに
なんか勘違いされていましたねw

小夏「ほぉー。みずぅ♪」
DSC_2380
ダメですから。


ここはなんと我が家から車で10分www
まったく公園があるなんて知らなかったww
DSC_2381
驚きの近さでカラスたちが集団で鳴くw
はーちゃん集団のカラスが近すぎて
ドンビキしていた。

花 「はーちゃんカッコいいでしょー」
DSC_2385
うん、すっごいカッコいい!
すごく大きな岩の上に乗ってみた。勝手に。

小夏「そんなに大きくないですー」
DSC_2387
小夏が乗るとバレるwww
本当はたいして大きくない。

小夏「ねっ。おかーさん、大きくないよねー」
DSC_2388
うん。そうだねー。
でも、はーちゃん、全然ウゴカナイwww
遠くに見えている小鳥の集団を見ている。
集団がデカすぎるwww
何十羽いたんだろう。はーちゃん、目が離せない!!!

小夏「おかーさん、階段♪」
DSC_2390
うん、お母さんも見えてるから大丈夫w
花なんか、お母さんが一緒にいること忘れちゃってるよね。
一度も振り返らないで、周囲を見るのに集中。
花を呼べば、めんどくさそうに振り向くw

小夏「なんか、あるよ、撮る?座る?」
DSC_2394
 いや、これは、、、記念撮影するようなモンでは。。。

要するに、写真を撮るとオヤツもらえるわけで・・・w
でも、それ注意の張り紙だから、写真撮らないから。残念だけど。

花 「はっ。この中に!!! はーちゃんが見ないと!!!」
小夏「え?なに?え?」
DSC_2395
花が突然慌てて進みだした。
小夏、なんだかわかんないようだけど
一緒に慌てるw

花 「わかった!はーちゃんわかった!」
DSC_2396
 え???

え。えぇええーーー!!?
DSC_2398
ガサガサって。おい。

すんごい入ったな。。。
DSC_2397
もうお尻も見えず、しっぽの先だけしか見えない。

何してんだか知らないけど、この状態でしっぽをふっていたw
気になったので、覗いてみたら、茂みの中には野良猫ーズがwww
もちろん、届かない距離だったけど
野良猫ーズも花も、ちゃんとお互いを認識していた。
はーちゃん、どんだけ猫好きなんだ。

そんな野良猫ーズとはさよならして、先へ進む。
なんだかとても懐かしい声が・・・。
中学校の運動部の部活の掛け声だ。

小夏&花「え・・・。なに?・・・」
DSC_2401
そりゃー、ものすっごい掛け声が混ざり合って何を
言ってるのかわからないw
野球部の「ぅぉおおーい」的なのと
女子運動部のランニング。の「なんとかーファイオー」的な。
それ以外に遊んでいる子たちの嬌声。

小夏も花も声の出どころと、声を出しているモノの状況を
確認しようと、必死になってみているが、さすがにわからない。
ランニングしているチームは男子も女子も何チームもが
小夏と花の前を掛け声だしながら走り抜けていく。

小夏「お。。おかーさん、わかんない・・・」
DSC_2402
お母さんも何言ってるかわかんないから気にすんな。

花 「はーちゃんも走りたかったなぁ」
DSC_2403
花、駆け抜けるチームについていこうとしたw
小夏は緊張もとけ、リラックスして見ていたが
花は一緒に走りに行こうとした。
同じ状況でも個性が出るなぁ。

しかーし、走るのは無理だ。
お母さん、花と中学生の速さについていける自身は
まったくなーい。
今日は、はーちゃんは我慢してね。

この公園、実はそんなに広くない。
ただ、歩くだけなら30分ほどで終了する広さ。
初めてだったので、匂いを嗅ぎながら、あっちーウロウロ、
こっちーチョロチョロで1時間以上かかってしまったが
お散歩のレギュラー公園には加えられない。

まだまだ、お母さんの公園探しは続くのであった。。。

 

新しい場所へ!3

すでに何度か行った事のある場所ではあるものの、
いつも同じエリアばかりだったので
今回はいつもと違う、行った事のないエリアへ。

お父さんがずーっと忙しくて、お休みがなかなか取れない。
やっとお休みになった日は、ソファーと携帯だけが
友達だ。みたいな生活をしていた。

気持ちはわかる。
せっかくのお休み、のんびり、好きな事だけしたいんだろう。
でも、それではリフレッシュができないと思うのだ。
だから、是非、自然の中を少し歩きに行こうではないか!
(はーちゃんも、小夏も一緒にお散歩行くの大好きなのに最近行けてないじゃーん)
みたいな事もボソッと入れつつw

そして、お父さんも一緒に散歩に行ってくれるとわかると
大興奮して喜ぶ小夏。よかったね。

さて、行きますよー。
DSC_2306 (2)
到着の写真w

そしてお散歩スタート。

小夏「フンふふん♪ らんららん♪」
DSC_2308
お父さんが小夏のリードを持ってくれるので
今日はフレキシブルを持参。
小夏フレキシブル大好きなので、大喜び。

我が家はフレキシブルは普段の散歩には使用しない。
自由歩きして良いところで、1対1で歩けるときだけ
フレキシブルを使用する。
花は今回は通常リードで。

は・・・はーちゃん!なんか知らないけど鳥がいるよ!


DSC_2309
本当になんでこんなところで、草たべてんだろうwww

花 「あ・・・・」
DSC_2310
驚いてるw
花、こんなに大きな鳥類を見るのは初めて。

小夏「あ・・・」
DSC_2312
花が見ているので、小夏も気づいた。

花 「あ・・・・・あれは・・・」
DSC_2313
小夏、どうでもよいらしく一瞬見て、終了。
花、目が離せないw

いつまでもキリがないので、強制終了w

小夏「かいだんーーーーー!」
DSC_2315
あーあ。。見つけちゃった。。。

花 「はーちゃんも階段やろーっと」
DSC_2317 (2)
でも階段の向こう側が見えるタイプの階段。
花、ちょっと腰が引けるw

花 「はーちゃん、がんばってのぼった。ちょっと怖かった」
DSC_2319 (2)
小夏、何でもないw

花 「まってよーーー。こなつーーー」
DSC_2324 (2)
自分が楽しい散歩のとき、花の事なんかおかまいなしw

花 「はーちゃん登れるから。こ・・こわくないもん」
DSC_2325 (2)
小夏はとっくに登ってるので、花、がんばってついていくの図。

小夏「いえぇーい。階段の上、たっかーーい!」
DSC_2326 (2)
お母さん、写真撮るから下にいるねっ♪
(どうせ降りるから、メンドクサイw)

花「は・・はーちゃんだって上ったし」
DSC_2327 (2)
なんか、いっぱいいっぱいみたいな顔だけど大丈夫?w

花 「ちょ、こなつ、まってよーーー」
DSC_2329 (2)
やっと上った花。
小夏、降りる準備www

花 「はーちゃんも、ちょっとみてみるー」
DSC_2330 (2)
小夏が見ていた場所から、花も真似っ子して
一応見ている。
お母さん仕方なく、階段を上がった。

小夏「かいだん、まだほかにあっるかなぁ~♪」
花 「こなつー、もっとゆっくり行こうよー」
DSC_2335 (2)
なぜか、小夏はこういう散歩のときは、ものすごい速さで
ぐんぐん進む。
いつもの近所散歩は匂い嗅ぎばっかりして進まない。
このやる気をいつも見せてくれたら、花も待ち時間減るのにねw

小夏「あっ!おみず!!!」
DSC_2340 (2)
だめだからねーーーー!!!

以前、勝手に飛び込んだ用水路。→暑いのはわかるんだけどね
飛び込んだ後が大変なので絶対ダメです。

ショボーンと諦め、さっさと進んでいく小夏。

小夏「なんか、へんな道だからやってみよー」
DSC_2342 (2)
小夏、変な道、大好き。
階段を数段登って、渡り廊下みたいな。。
でも、普通の道と並行しているので、この板の端に
意味があるのか不明。

小夏「おかーさんも登ってきてよ」

DSC_2344 (2)_LI
やだな。。
遠慮するわ。

小夏「え・・・おかーさん、早くきてよ」
DSC_2353 (2)
だから行かないってば。
お母さんとこの道の先で一緒になるから
大丈夫だよ。お母さん、道歩くわ。

小夏「え。。。おかーさん、ほんとに来ないの?」

DSC_2356
行かないよ。。
お父さんいるから大丈夫だよ。行っておいで。

小夏、お母さんが一緒に来ない事に
不安を隠せない。
大げさだな。ここから十数メートルで同じ道に合流するのが
完全に見えてるじゃないかw

合流したときに、とても喜んでいただけて光栄だったw

花 「なんでみんな走ってるんだろ。。はーちゃんも走りたいなー」
DSC_2348 (2)
トライアスロンの練習なんだってー。

なんだかわからないけど石碑があったので写真w
DSC_2364
亀の石像がくっついてた。
肝心の亀が写ってないことに、おかーさん自分で驚きw

夕方になると少し冷え込んだが、とても良い天気だった
DSC_2361 (2)
到着時見つけた水鳥たちが、水面にもどっていた。
水鳥が草を食べていた場所をみると
パン屑がまいてあった。
あー、草食べてたわけじゃないのかーーー。

他にも野良猫がたくさんいて、餌をもらったりしていた。
常連(?)のおじさんたちに可愛がられているようで
おじさんたちに、餌をもらって、撫でられていた。


DSC_2371 (2)
梅もとてもキレイに咲いていて、梅の写真を
撮ったり、お散歩を楽しんでいる方や犬がたくさんいた。

お父さんも久しぶりにリフレッシュできたようでよかったよかった。


















 
メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 食べ物
  • 食べ物
  • 食べ物
  • 食べ物
  • 食べ物
  • 食べ物
  • なんかちょっと違う
  • なんかちょっと違う
  • なんかちょっと違う
最新コメント
livedoor プロフィール