毎日女子会!

アニマルコミュニケーターのお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

2018年03月

お誕生日おめでとう

2月22日、猫の日に小夏は5歳になった。
3月3日、花は3歳になった。
花の心臓や小夏の股関節など
ケアが必要な事はたくさんあるものの、
元気でお誕生日を迎えられる事、お母さんのところに来てくれたこと。
本当にありがとう。
だって犬がいなかったら、猫だけだったら
お母さん引きこもりwww


誕生日が、ほぼ一緒の頃なので
だいたい、一緒にお祝い。
小夏と花が喜ぶ事。お出かけ遊び。
お誕生日プレゼントとして、行った事のないところへ行ってきた。
しかも、ルークっていうプレゼント付きw

題して
「小夏の大好きなロア君と、花の大好きなルークと一緒に雪遊びツアー!」
もちろん、ランちゃんもいるよっ☆だ。

ルーク「なんだかわかんねーけど、わーーーーい!!!」
DSC_4915
うん、嬉しいのはわかる。
楽しいのもわかる。だが、もう少し落ち着け。

DSC_4917
なんだろう。
やっぱりお父さんに着いていく犬達www

らん「あはは♪ たのしー♪」
DSC_4924
ラン、おなかが冷えすぎないように注意しないとねw

小夏「ねぇ、ねぇ、ロアー。ねえってばー♪」
DSC_4927
相手にされない小夏。モテなくて気の毒w

ロアとランまでお父さんの部隊に入ってしまったw
DSC_4933

途中、階段を発見!
ランが勢いよくかけあがる!
(足短いのに・・・w)

DSC_4935

なぜかわからないけど
上からお父さん部隊が登場w

花 「あっ!おかーさーん!」
DSC_4937
駆け下りる花、駆け上るラン。
すれ違い。人生の交差点www

小夏「あっ!!!おかーさんじゃん!」
DSC_4940
うん、お母さんです。

花 「おかーさんだーーーー!」
DSC_4942
どっちかっていうと、いなくなったの花たちだけどね。

途中、湧き水らしき小さい川が。

小夏「ねぇ、ここ、あれ、ほら。。」
DSC_4971
ダメだからね。あんた、裸だし。ビショビショに
濡れて雪の上歩いたら冷たいよ、きっと。

まぁ、入ったけどね。結局www

小夏「あー、たのしい! こんどアッチいってみよう!」
花 「まってー!」
DSC_4976
この日はスノーシューではないので
ふつーの服。ウエアではない。
だからどこでも行けるわけではない。(人間は)
しかし、犬はいつもと同じ装備だ。どこまでも行けるwww

ロア「俺も行く!」
DSC_4984
行け行け。
思いっきり楽しんで帰ろう!

つーかさー、ボール咥えてないロアの顔
久しぶりに写真撮ったよ。。。

花 「はーちゃん、一人で登ったよー」
DSC_4989
すごいねー!
はーちゃんそんな遠くまで!!!

人間は雪が深すぎて入れないwww
だってウエアもないし、スノーシューもないので
足が太ももまでハマって動けないwww
→お父さんもお母さんも一応チャレンジしてひどい目にあったw

そして、しばらく山を登って駆け下りる遊び。

大変な思いをしてお父さんにも山に登って頂上の向こう側が
どうなっているのか見てきてもらった。
だって、向こう側がどうなってるのか気になって仕方なかったから(お母さんがw)


DSC_4990

DSC_4994

そして気付く。
あれ?本当は柵があったみたいよ???
山を登り始めたときは雪に埋もれてフェンスが見えていなかった。
しかし、違うコースを駆け下りてきたときに
フェンスの存在が!!!

小夏、華麗にジャンプ
DSC_5008

DSC_5009

「あ、あれ? これ、ダメだった?飛び越え禁止だった?」
DSC_5010
いやいや、オッケーなとこ。
ここは遊び場だから、ジャンプ超えしてもぜんぜんオッケー。
足、気を付けてねー。

花 「はーちゃんも、よゆーだしっ!」
DSC_5011

DSC_5012
そうね、花は本当は、何でもジャンプで超えられるだろう。
でも教えちゃうといろいろ生活上、ほら、アレだから
普段はジャンプあんまりさせてないwww

小夏「ねー、もう一回行ってきていい?」
DSC_5016
どうぞどうぞ。
気を付けてねー。お母さんここから見てるから。

いってきまーす
DSC_5018
いってらっしゃーい

DSC_5019
まぁ、上手!


DSC_5022

DSC_5024

DSC_5030

DSC_5036

平地と山と川もあって、犬達大満足。

お父さんがコーヒーを入れてくれている間、
犬達も小腹を満たす。
もう黒すぎて、ごちゃごちゃして
誰が誰かわかんないw
DSC_5094

小夏と花の誕生会メンバーw→お母さんが勝手にそう思ってるだけ
DSC_5099
左から
花、ルーク、ロア、小夏、手前がラン。

人間の為に、必要なところは雪かきがしてあるので
人間は歩きやすい。道だけは。

アスファルトだが、結構な距離があり、ゆるやかな斜面。
DSC_5109
花はこういう斜面を駆け下りるのがスキなので
張り切って走り出した

今度は斜面を駆け上がる。

花 「おかーさーん!」
DSC_5112
はーいー
はーちゃーーーーーん

なんか、うちの子っていっつもおかーさーんって
イイながら走ってくる遊びばっかりしてる気がするw

はじけてるっ☆
DSC_5117

ロア「オレ、ちょっと斜面駆け上がるのは・・・」
DSC_5135
無理しないで自分のペースで遊んでねー。
花と一緒になって走るのは無理だよ、絶対(ぼそっ)

ラン「ほんとほんと。花と走るとか絶対いやだし」
DSC_5144
そうそう。ランちゃんだって無理しないようにね。

ルーク「オレも無理・・・」
DSC_5150
それは、違うだろ。
ルークは最初にはしゃぎすぎて、群れからの離脱が多すぎたので
ロングリードを付けられたw
このときにはもう、ルークは疲れ果てて、走る事もしないで
ノロノロ歩いて匂い嗅ぎだけw
ルーク。。。頭使って遊ぼうぜ。。。

はしゃぎすぎたルークが
群れから離脱して一人で何をしていたかというと・・・

DSC_5163
一人で勝手に川に入ってたwww

ロングリードを付けられた後も
川を見たら入りたくなってしまったようで
一人で勝手に入ってしまった

花 「は・・はーちゃんも入れるかな」
DSC_5170
やめておきなw
雪が深いので川から上がってくるのが
大変なのだ。
ルークは抱っこできないので自力で這い上がらせたw

スノーシューのときは、ちょっと修行っぽい感じのある
楽しさなのだが、今回はのんびーり、ゆったーりと
楽しんだ。

コーヒーも美味しかったし、犬達も楽しんだし、
人間たちも自然の中でのんびりと楽しむ事ができた。

あと1回、雪遊び行けるかな???















裸隊長とゆかいな仲間たち

はい。2月下旬。裸隊長率いる
全体的に黒っぽい群れで雪山を制覇!!!
ひっじょーに良い天気。

山について走り出す!!!
チーム4ダックスと、ザシュテリーヌズ
の犬6、人間4の部隊。
DSC_4743
先頭、裸隊長(小夏)。
以下、群れのゆかいな仲間たち。

おかしい。ヤツがいない。
裸隊長よりもお父さんよりも、先に見える黒いしっぽ。
はーちゃーーーーん!!!

本日の群れのメンバー。
色とりどりwww
DSC_4751


DSC_4764
チーム黄色w
花、リッカ、マイエン。
はじけ組☆

小夏「はぁはぁ、あたしもっ☆」
DSC_4777
うん、誰よりもはじけてるのわかるwww
今日も裸一貫、ガンバリマス。

でも、今日は寒くないね。
走ってる小夏には、太陽が出ているところは
暑いかもねー。

小夏「なんか、今日は、こう、まとまりがないっていうか・・・」
DSC_4778
今日はさー、しょうがないよねーw

小夏「まっ、いっか!」
DSC_4779
そうそう。まぁ安全に楽しければ何でもいいじゃーん。

まとまりがなさそうに見えるものの、
裸隊長が走り出す!花が追う!
なんか、わかんないけどチビーズも追う!
リッカねーさんも追いかける!

DSC_4822
という具合に、縦長の群れになって走っていく。
なんだかんだまとまってるwww

やっぱりお母さんが遅いので迎えに来てくれる小夏。

小夏「おかぁーーーさーーーーんっ!!!」
DSC_4837
雪を巻き上げて走る力強さ!
こういうところは大型犬の美しさが最大に発揮されるとこだわ
後ろから花もがんばっておいかけてくる。

そして、やはり先頭を行くのは我が家のお父さん。
野遊びではみんなお父さんに着いていく。
DSC_4860
なぜにリッカも一緒に先頭チームに入っているのかw

お母さんたちのペースに合わせて
お父さんと先頭チームの犬達はこうやって
途中後ろを向きながら待っててくれる。

リッカとノイエが心配そうwww
DSC_4865
リッカとノイエのお父さんとお母さんは
人生初のスノーシュー。
修行僧のように歩いてたwww

黄色チームw
DSC_4881
リッカと花。
踏切の遮断機みたいだ
黒黄色の繰り返しwww

途中何回かこうやって休憩(主に人間のw)
その間、犬達は各自フリータイム。
ススマナイので安心して周囲の匂い嗅ぎにいそしむ。

DSC_4887
きっと野生動物の匂いもたくさんするんだろうなー。

いろんな匂いを嗅いで、いろんな情報収集をしているんだろうな。
こういう一つ一つが経験と知識につながるんだろうな。

休憩中、お父さんがお湯を沸かして
コーヒーを入れてくれるという技を習得した。
これが、普通のインスタントコーヒーなんだけど
すっごーーーーいおいしい。
なんでだろう。理由は分からないけど
本当にすごくおいしいのだ。
とても幸せな気持ちになる。

ただ、このヒトトキの為に
お父さんはものすごい重たいお水などを
運ぶという苦行を乗り越えているのだ。
お父さんいつもありがとう。






























メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 花ときゅうり
  • 律儀な小夏
  • 律儀な小夏
最新コメント
プロフィール

小夏ママ

アニマルコミュニケーターのお母さんと2ワンと3にゃんの日常生活。