毎日女子会!

アニマルコミュニケーション勉強中のお母さんと、不定期開催の女子会の記録。 たまーに預かりっこの成長記録。

ワンコ

たまには。

たまには朝の散歩も気分を変えて。
お母さんもお休みだしー♪ってことで
ルークと一緒に朝の散歩へ。

5時に出発ですよ。休みなのに
犬の為じゃなかったら、絶対に起きられないっつーの。

DSC_1241 (2)
小夏と花には毎度おなじみの公園。
我が家から車で30分ほど。
朝だったからもっと早く着いたけどね。
ルークは初めてなので、興味津々。

ルーク「シラナイ匂いばっかりだ」
DSC_1242 (2)
そりゃそうだわねw
匂い嗅ぎに必死過ぎて周囲を見る余裕なし。

ルーク と呼んでみる。
聞こえないほど必死では困るw

ルーク「なに?」

DSC_1244 (2)
エライゾ!聞こえているし、ちゃんと
声かけに反応する余裕はあるんだな。

ルークはシラナイ犬や人がちょっと苦手で
吠えてしまうことがある。吠えない時もあるw
だから、お母さんたちの声が聞こえる程度の心の
余裕は常に持っていてほしいものだw

花 「なんかはーちゃん眠いのね。。。」
DSC_1245 (2)
すごい寝ぼけ顔だw
なんで早朝に起こされて散歩に、しかも
いつもは夕方来ている公園に来ているのか理解ができてないw

小夏「散歩はいつきても楽しいじゃん♪」
DSC_1246 (2)
そうだよねー。
花はあんなに大好きなルークがいるのに
ルークに対しての反応もうっすいw
お疲れがたまっている様子だ。


小夏「よっこらしょ。いい見晴らしだわー」
DSC_1247 (2)
傾斜のあるところに来ると、なんかいつも座るw

ルーク「オレ、かっこよくね?」

DSC_1248 (2)
おぉー。シルエットがかっこいいねー。
いつもはちょっとへっぽこなところがあって
お母さんはルークが大好きだ。


DSC_1249 (2)
早朝だっていうのに、ものすごい暑くなってきた中を
登る。登る。。。。お母さんツライwww


花 「はーちゃんもツライ」
DSC_1251 (2)
はーちゃん、眠いし、疲れてるからねぇw
でも、それただの遊び疲れだから大丈夫よ。

花 「でも、だんだん楽しくなってきた♪」
DSC_1254 (2)
目が覚めてきたのねwww

さて、恒例の。


DSC_1256 (2)
台があると乗りたくなる姉妹。ルークは乗らせたw


DSC_1257 (2)
小夏と花は勝手に乗って調査を始める。

さて、こっちむいてー。


DSC_1259 (2)
なんか朝露の草むらに顔を突っ込んで歩いていたから
全員顔が汚いw

これは全員が一瞬こっちを向いたときの写真。

だが、これは本当に一瞬であって、だいたいこうだ。

DSC_1261 (2)
小夏だけがカメラ目線を長時間キープしているw
さすがだ、小夏!!!

さて、帰りますよー。

今日はルークのお家の車に乗せてもらってきたので
クレートなしで犬を3匹突っ込む作戦w

DSC_1263 (2)
まずは、花が乗り込み、小夏が乗り込む。
最後にルークを入れて急いでドアを閉める作戦www

帰ってからご飯を食べて、
小夏、花、お母さん、
全員倒れこんで2度寝しましたw

いつもと違うパターンの刺激も、いいよね!





念願の川遊び

はい。念願の川遊びに行ってまいりましたよ。

今回は犬友達大勢とご一緒ですわ。
そんななか、我が家の子たちはいつも通りの自由人。
勝手に遊びまわっておりました。

小夏「川だーっ!いえぇーい!」
花 「か、かわだー。いえーい・・・」
DSC_1005 (2)
どうしても陸の方がスキな花w
でも、少しずつ水に対する抵抗が薄まっている様子。と
お母さんは思うw


DSC_1007 (2)
小夏が行けば、花も行く。ついていくのに必死w

小夏「あっつい日はさー、コレに限るよねっ☆」
DSC_1016 (2)
おっさんのビールかw

花 「こなつー、まってよー」
DSC_1021 (2)
水の中でも必死についていこうとする。
小夏の背中、頼もしいねw

小夏「ひゃっほぉーい!」
DSC_1031 (2)
後ろの方の草陰で水に入るのをためらっているうちに
置いて行かれた花の顔www

小夏「はやくおいでっていってるの!」
花 「だって、小夏まってくれないんだもーーーん」
DSC_1036 (2)
小夏、一旦戻って花を取りに行くw

花 「まってーーーーー」
DSC_1040 (2)
意を決して水の中を走る花。
がんばれ!
はーちゃんは、やればできるコだよ!!!

とは言いつつ、心臓の事もあるので
お母さんはお出かけ時にはいつも酸素持参っていう
やらせながらもちょっとヒヤヒヤしている事実w

水辺は颯爽と駆け抜けていくが、陸になると
ちょっとドン臭い小夏。
ズッコケてるw

小夏「あっ」
DSC_1042 (2)
後ろ足が落ちるっていうwww

花 「はーちゃん、アツいからおやすみー」
DSC_1071 (2)
浅瀬でお風呂w
いつも通り。何をしてるのかと思えば・・・


DSC_1073 (2)
水のんでるしw

オモチャ投入。

花 「はやくはやく!行っちゃう!」
小夏「えー、どこよ、アレか!」
DSC_1082 (2)
おい。
早く取に行ってよーーー!

花 「こなつー、はやくとってきてよー」
小夏「ちょっとまってよ、今取ってくるから」
DSC_1083 (2)
花、自分で行け。。。


DSC_1090 (2)
あー。
ほら、引っかかった。
よかったー。流れて行かないでw

小夏行ってくれるのはありがたいけど、
あの、ちょっと、言いづらいけど、遅いwww

小夏「よいしょ、よいしょっと」
DSC_1099 (2)
よかったー。
流れて行かないで。
お母さんホッとしたわ。

花 「はやくはやく、ソレはーちゃんにチョウダイ」
DSC_1100 (2)
花。。。
小夏が持ってきてくれたのに。。。

小夏「ほれ、花。」
DSC_1101 (2)
あげちゃうんだ。。。毎度の事だけどさ。

花 「はーちゃんのっ♪」
DSC_1103 (2)
小夏、別に欲しいわけじゃないらしく
さっさと自分の自由遊びに戻るw

花 「ぽつーん・・・」
DSC_1109 (2)
オモチャ見てる間に、小夏どっか行っちゃったことに
気づき、小夏を探す花w

当日は犬が10頭近くいて、みんな自由に遊んでいた為
見失うwww

花 「はーちゃんだって、一人でも楽しいもん」
DSC_1111 (2)
一人で川を歩く。
エライゾ!花!
小夏が居なくてもできる事増やそうね!

花(左)「ちょっとー、はーちゃん乗ってるんですけど」
ナナ(中)「えー、ちょっとキツイから、降りてよ」
小夏(右)「おかーさーん♪」
DSC_1114 (2)
花とナナ。水にできるだけ入りたくない同志www

花 「あれ?こなつは?」
ナナ「あたし降りないからねっ」
DSC_1117 (2)
せっまーい石にがんばる2匹。
同じくらいの大きさでヨカッタねw

小夏「このボールが欲しいの?ちょっとまって」
DSC_1122 (2)
また、花にお土産取りに行ってるw

小夏「ふぅ~ん♪ ふふん♪」
DSC_1127 (2)
鼻歌歌いながら優雅だな。
でもソレ、あげちゃうんでしょ?

花 「はい、はーちゃんの、はーちゃんの♪」
DSC_1128 (2)
確かに、藪の中から所有者不明のボールを見つけてきたのは
花だ。落とし物だ。
だけど小夏に取りに行ってもらったくせにw

小夏の後をついて歩くだけでなく、自分から
率先して入ることもできるようになった花。
どうやら、水鳥がいたらしい。
興味津々で川にはいる。

花 「あっ、なんかいる!」
小夏「気をつけてね、花」
DSC_1161 (2)
一応心配そうに、花の行方をずっと見ていた小夏。

花 「こっちのほうだ!」
小夏「もうイナイと思うけど」
DSC_1171 (2)
花が川を進んでいき、岸に上がって周囲を見ている。
そんな花を見守る小夏。
ナンダカンダ心配してる。

後半戦。

花 「はーちゃん、なんか、疲れた・・・」
DSC_1185 (2)
ここに座れば、川の上流も下流も
小夏がいる場所が両方見えるのだ。

陽が当たって乾くしねw

あの板の端の向こうは山になっている。
川で濡れすぎると、なんか勝手に山側にいって走ったりしてた。

小夏「ちょっとあっち、行ってこようかな」
花 「じゃあはーちゃんも行こうかな」
DSC_1190 (2)
ちゃんと川に帰ってきてねー。
お母さん面倒だから待ってるわー

人間のお昼ごはんの為に、一旦川から山側へあがり休憩中。
写真撮るのを忘れたが、犬オヤツにささみとししゃもを持参。
みんなで食べて、美味しかったね。

おひるごはん後に、またひと遊び。
さて、ちょっと休憩してお開きですよー。


花 「はーちゃんは静かにしてるから」
DSC_1226 (2)_LI
う・・・うん・・・
疲れたんだねw

小夏「お母さん動くまで休んでるね」
DSC_1227 (2)
あんたも疲れたのねw

花 「( ゚д゚)ハッ!」
DSC_1229 (2)
なんか音したね

花 「でも、いいや」
DSC_1231 (2)
き・・・汚いwww


小夏「お母さん動くとき、起こしてね」
DSC_1232 (2)
うん。
っていうか、犬に見えないねw

この後川遊びはお開きになり、近場の観光スポットへ。
お母さん、全然知らないwww

DSC_1234 (2)
ここを観光しますっ。

DSC_1237 (2)
滝を見ます。
でも、犬は滝の近くには入れませんので、通路から見るだけです。
お利口にしてください。

DSC_1239 (2)
けっこうバスがきて観光客で賑わってます。
はいはい、急いで写真撮りますよー。

滝と蛍が見られる場所だった。
夜は蛍がキレイらしい。(噂)
滝は涼し気で癒されるわーだった。
我が家の子たちは、滝なんて見てなかったw
周囲の匂いに夢中www

まぁ、そんなもんですな。

それでも帰り道の渋滞があったことなんて知らないんだろうな。
お母さんだけが知っている。。。
渋滞すぎて高速の出口から出られなくて、次の降り口まで
行った事を。。。

とっても楽しいお出かけだった。
また行きたいね。












ご飯の時間はハッピーに。

先日、新鮮な鹿の肉つきの骨をいただいた。
すでに解凍されていたので、今日のご飯のトッピングにしちゃうか。
ちょっとご飯の内容と合ってないけど、ま、いっか。その辺は適当w

骨ばかりたくさんは食べられないので
お肉を必死に削ぎ取るお母さん。でも、小夏は骨も大好きなので
大きな骨一本だけは、今日食べさせてあげましょう。
今週骨食べてなくてよかったねw

上が小夏のご飯。下は花。
IMG_1333
本当は豚肉のご飯だけだったのに!
ラッキー姉妹は鹿生肉トッピングでゲット!
いえぇーい!小夏は生肉の匂いで、お母さんが肉を削いでいる最中から
鼻鳴きピーピー。
ちょっとまってねー。今やってるからねー。

ささっ、ご飯ですよ!どうぞー。

花 「えー、なにこれー。」

IMG_1334
花、おなかすいてるのに、見てガッカリw
生肉が少し苦手なはーちゃん。

小夏「えっと、まずは骨はこっちにおいて。デザートにしよーっと」
IMG_1335
大事に骨は取っておく小夏w
まずは生肉たべて、ご飯食べて、最後に骨にしなよー。
何故なら骨が一番スキだからwww

花 「はーちゃん、この骨ヤーダー」
IMG_1336
じゃあ骨を外に出しなよ、自分で。
小夏みたいにすればいいじゃん

っておい!
骨、食べちゃってるじゃん!


小夏「やっぱりスキなやつは最初に食べよーっと」
IMG_1339
置いてあった骨に我慢できなくなり、先に食べちゃうw


麦 「こなつ、それ、おいしい?ねぇおいしいの???」
IMG_1341
小夏、食べるのに必死で麦のこと無視w

花 「あった。はーちゃんのいつものご飯あった」
IMG_1345
う。。うん。。
そっか、お母さんの作ったご飯がいいなら
そっちだけでもいいから食べなw

花 「はーちゃんの食べれるお肉だけ取って食べるー」
IMG_1346
花の食べれるお肉とは、加熱されたレバーの事w
でも、ソレ。。。

花 「違うのとっちゃった・・・・」
IMG_1347
だよね。。。
それ、生肉だよね。。
どうせ取っちゃったんだから食べちゃいなよ。

花 「・・・・」
IMG_1348
食べるんだ。
それは食べるんだw

つーか、食べれるでしょうよ。
全部たべちゃいなよ。

小夏「さて、ご飯食べますか♪」
IMG_1349
あ、デザート先に終わったのねw

花 「今度こそ、はーちゃんの食べれるお肉取る。。。」
IMG_1353
全部食べられるってば。
花、大丈夫だよ、食べてごらんってばー。

花 「はーちゃんの食べれるお肉、取れない・・・からイラナイ」
IMG_1355
え・・・
メンドクサイな。。。(小声)

花 「はーちゃんご飯食べないよ。(チラッ)」
IMG_1357
別にいいよ。
お母さんお腹空かないし。

花 「はーちゃんだってお腹すくんだから食べる」
IMG_1358
骨だけはお母さんがどけてあげたw
もう、このスッタモンダの間に
小夏は全部完食してしまっていた。
そして。。。

小夏「終わりましたっ。おかわりお願いしまっす(キリッ)」
IMG_1369
いや、ないし。
お代わりなんてないし。
今日はトッピングが急遽できたので
いつもよりもご飯の量が多いでしょうよ。

花 「やっぱり変なお肉あって食べれないから、食べない。」
IMG_1360
あっそー。別にいいし。
じゃあ骨お皿に戻ておこーっと。
お母さん手が臭くなっちゃうからw

花 「チラッ」
IMG_1362
食べないでも全然いいですよー。
もうすぐお皿片付けちゃうもんねー。

小夏「あのー。待ってるんですけどっ(キリッ)」
IMG_1368
いや、待っててもらっても困るから。ほんとに。
もうおしまいだからね。

小夏、ペロンペロンしながらも目は花のお皿の生肉と骨を見ているwww

普段は花のお皿のご飯に興味なんて絶対に示さない。
自分のが食べ終わったら、さっさとお皿を離れて
好きなところに行ってしまう。
しかし、生肉と骨の日だけは少しでもチャンスがあるなら
絶対にお皿の前をウゴカナイ。
お母さんがお皿を全部下げると諦めるけど。

結局、花の生肉と骨は小夏が食べ
花は自分のご飯を完食し、夕食が終わるのであった。
小夏は好きな物たくさん食べられた。
花は好きな物だけ食べられた。
みんなハッピー。我が家のごーはん。

















朝のお散歩

我が家の朝の散歩は、ものすごく短い。
お母さんが仕事を始めてからは、朝の散歩は
気分転換にちょっと近所を歩くだけ、だ。
時間にして20分から30分程度。
お母さんが寝坊した日は10分とかの日もあるw

それでも気分が少しは変わるだろうから
雨が降っている以外は、必ず行くようにしている。

仕事が休みでも、暑さ対策で朝の散歩は
早朝だし、短い→お母さん眠いしw

お休みだと、前日寝るのが遅いから翌日朝眠い。全員。

お母さん、犬の為にがんばって起きる。
小夏、お母さんが動くときは何かある!と張り切りだす。
花、ベッドからお母さんをチラ見するだけw

「さっ、眠いけど散歩行こう!」
お母さんの掛け声で玄関へ集合。

麦 「いっちばーん、むーたんの後ろに並んでー」
小夏「え。。。じ、じゃあ、にばーん。。。」
IMG_1314
おい。
麦。お前は散歩行かないから!!!

小夏も二番に甘んじるなっ!

そして肝心の花は出てきてない。。。
見に行くとベッドにいる。。。

「はーちゃんはお留守番するのねー。いいですよー、まっててねー」

お母さんが言うと、お留守番は嫌らしい。
のそのそと出てきて玄関へ。

花 「はーちゃん、さんばーん・・・」
IMG_1315
元気ないなーw
すっごいメンドクサイ感じ出てるけど。
面倒なら留守番でも全然かまわないんですけどー。
だからといって麦を連れて行くわけにはいかないけど。

麦 「むーたんが一番だからねっ!」
小夏「わかってるよわよ。うっさいわね。」
花 「はーちゃん三番だけど、むーたんもいくの?」
IMG_1316
行かないから。
麦は行かないから。

むーたんお母さんに抱かれて部屋の中へ撤収www

誰よりもやる気があったのに、残念www

さて、犬チームだけで行きますよ。

麦、部屋に撤収させられてドアを閉めたとたん
部屋の中で走り回って
どったんばったん怒りの運動会を開催。

ハーネス苦手なクセに、散歩に行きたがる困ったおねーさんだ。
もっとハーネスとリードに慣れたら、いつか、行ける日が来ることを願おう。




川遊び

夏の恒例、水遊び。

海は行く機会があったけど、川は今シーズン初めて!!!
お友達にすごーく可愛い地図を作ってもらっていざ出発。(Tapママありがとー)
今回はお母さんと三人旅だ。
お母さん、運転一人で頑張れ。

道を間違えたりしながらw
2時間少しで到着。
小夏と花は車でグーグー体力温存。
お母さん、やっとついたー!無事についたー!いぇーい!

さぁ!自由時間だよっ!

豆のように遠くにいく姉妹。
「お母さん、早く!遅い!!」
IMG_1084
ご、ごめん。
でもお母さん一人で全部荷物持ってる上に
石だから歩きにくいわけよ。カメラもあるしさ。
転ばないようにしないとさー。

小夏「ひゃっほーーい!」
DSC_0528 (2)
はえーよ。飛び込むのはえーよ。。
まず、基地を決めてからにしようよ。。。

小夏「じゃあ戻るよ」
DSC_0543 (2)
戻るっていうか、向こうに見える岸に一度いってきたじゃん。
楽しいだけだろっ!!!

この素敵な場所に到着するまで、
実は川を何度も渡っている。
大きなリュックを背負い、膝まで川の中に入りながら
犬を2頭引いて歩いているお母さん、必死w

小夏はうれしくてリードがついていてもジャブジャブ
行こうとするし、花は水が少し苦手なので
歩くのに時間がかかるし、荷物は重いし、カメラは守らなくちゃだし。
あぁ、お父さん。。。
この時は本当に「お父さんがいればなぁ」と思ってしまったw

それでも何とか岸に到着。
Tapママから「ゴザじゃ座るとき痛いよ」という注意事項をもらっていたので
キャンプに使う少し厚めのマットを持参。←これが最大に邪魔だったけど。

さー。マットを引いて、荷物を降ろして。
一息つきましょー。

花 「はーちゃん、濡れちゃったから。。すごい濡れちゃったから」
DSC_0555 (2)
って、おいぃぃーーー!!!

お母さん座る前に、なんてことを!!!

花 「はーちゃん濡れちゃったから、乾かさないと」
DSC_0558 (2)
犬は濡れてても平気なの!!!
濡れちゃダメなカメラとか置けないじゃーーーん!!!

マット敷いて30秒でびしょびしょ。
お母さん、仕方ないので近くの岩に座るw

小夏が川に入っているのに気付いた花。
慌てて小夏の元へ。
結局また濡れるんじゃん。。。

花 「小夏ぅー!まってーーー!はーちゃんも行くからーーー!」
DSC_0562 (2)
花、必死w

花 「待ってってばーーー!!!」
DSC_0567 (2)
小夏、こういう時は待っててくれない。
ズンズン自分が行きたい方へ行ってしまう。
花は必死に苦手な水を渡ってついていく。


小夏「いぇーーーい!」
DSC_0579 (2)
ひどいwww
やっと追いついた花を岸に置き去りw

花 「ま・・・まってーーー!」
DSC_0585 (2)
少しでも水が浅いところを探して、必死に飛び込む花w
必死すぎて顔面白いwww

花 「あれ?歩ける」
DSC_0589 (2)
必死に飛び込んだは良いが、予想以上に浅いwww

花 「はーちゃん歩けばいいんだ・・・・」
小夏「はーなーーーー」
DSC_0593 (2)
小夏には浅くても、花にはそこそこの深さだ。
でも泳ぐほどではない。落ち着け、花w

花 「あー、はーちゃんまた濡れちゃったー」
小夏「気持ちいーーーー!」
DSC_0603 (2)
花、まさか、また。。。

小夏「顔、濡れちゃったー。顔濡れるのやだー」
花 「はーちゃん全部濡れちゃったー」
DSC_0605 (2)
おい。。。
なんてこったい。おかーさん座るところ本当にない。。。

花 「もー、はーちゃん濡れちゃうから。。危ないし」
IMG_1091
いやいや、遠くまで来たんだからぜひもっと遊んでくださいよ、ダンナ。

午後、暑ーくなったころ、他の犬たちとも遭遇。
お!黒ラブではないか!
DSC_0607 (2)
手前 通りすがりの黒ラブ
奥左 花
奥右 小夏

一緒に川に入るが、みんな自分勝手な方向へw

花。。。
もう入らないんじゃなかったのかw


小夏「うへへうへへ♪ たのしー、あたしすごーい!」
DSC_0627 (2)
うん、すごいねー。
本当に水の中でイキイキしてるねーw

花にも投げてみた

花 「はーちゃんの枝・・・」
DSC_0644 (2)
水に入るのに躊躇して、モタモタしてたら
流れて行っちゃったwww

小夏「はなー、まてーーー!(陸の仕返しだー)」
花 「うわーーーーん!」
DSC_0647 (2)
小夏に水中で追われて焦って逃げる花。
陸の仕返し、十分できたよw

さて。
帰りましょう。
また川を何度も渡って帰る。
花は来た時よりも上手に水の中を歩いていた。
出来る!という体験をして自信もついたかな?

小夏「はぁ。。。」
IMG_1092
名残惜しいのはわかるw
でもため息つくなw

小夏「あぁ。川が。。。。」
花 「はーちゃんも楽しかったねー」
IMG_1093
小夏、下に見える川に未練タラタラw

とっても楽しい1日を過ごせた。
帰りの運転もお母さん一人で頑張れたw

ぜひ、また行こう!
今度はお父さんも一緒がいいな。。。(小声)

自宅へ帰ると・・・

IMG_1100
怖いよ、目、開いてるでしょw

IMG_1099
なんでそんな邪魔なところに倒れてるんだよ

麦 「むーたんもお留守番疲れたー」
IMG_1098
あ・・・ありがとね・・・・




メッセージ

名前
メール
本文

2つのブログランキングに参加しています。
↓↓↓お手数ですが、1日1回ペコっていただけたらガンバレマス

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • やってみる。
  • やってみる。
  • やってみる。
  • 新しい場所へ!~9~
  • 新しい場所へ!~9~
  • 新しい場所へ!~9~
  • 新しい場所へ!~9~
  • 新しい場所へ!~9~
  • 新しい場所へ!~9~
最新コメント
livedoor プロフィール